カミキリの最近のブログ記事

雨が降り出す前にと朝早くに出かけては見たものの・・・蒸し暑い!
・・・ミンミンゼミの鳴き声が暑さを増幅させて余計に息苦しく感じる。
おまけに目まといがまいまいまい・・・くっそ!


160829n (50)b.JPG

160829n (56)b.JPG

160829n (51)b.JPG

キボシカミキリ カミキリムシ科 体長は30mmぐらい。



もう、ぼちぼち姿が見られなくなります。


160715n (26)b.JPG

160715n (29)b.JPG

160720n (18)b.JPG

アカハナカミキリ カミキリムシ科 ハナカミキリ亜科 体長は20mm前後。
前胸背板に黒紋を持つのがいて変異が多い為に間違いやすい。
イガブチヒゲハナカミキリ、ブチヒゲハナカミキリ、オオハナカミキリなどは体長もよく似ているか、やや大きい程度であります。



見た瞬間は判断できないほどよく似ています。


160701n (115)b.JPG

ヘリグロリンゴカミキリ 体長は12~13mmぐらい。


160615n (43)b.JPG

リンゴカミキリ 体長は20mmぐらい。

この画像を撮ったのは別の日であり、また同じ?と思ったのですが大きさに気がつき・・・おぉ~となった訳であります。
こんな風に見比べるとリンゴカミキリの方が、ややスマートなのがよく判ります。

もう少し詳しく撮りたかったのですが、どちらも雑木林の奥へ・・・とほほーと!



これだけ暑くて湿気が多いと外へ出たくない、もう夏眠に入ろうかとさえ思ってしまいます。


160802n (8)b.JPG


160802n (12)b.JPG


160802n (14)b.JPG

ナガゴマフカミキリ カミキリムシ科 体長は20mm強ぐらい。


160706n (70)b.JPG

アトジロサビカミキリ カミキリムシ科 体長は10mmぐらい。



最近読んだ本の中で、ちょっと涼しくなった書を。

P7280001.JPG

涼しくなった理由は?
似たような事もあるんだなーと・・・自分が経験した事を思い出し・・・ゾクゾクッと。



数年前に見てから・・・・長い間姿を現してくれなかった。
いるんだろうけれど、夜行性の為昼間しか活動しない自分としては姿を見る機会は少ない。

この日は早朝に出かけてせいか、クリの木で見つける事が出来ました。
いつ見てもかっこいいですね。


160707n (18)b.JPG

あまり見かける事がないので、クワカミキリと見間違え・・・スルーしてしまうところでした!

160707n (20)b.JPG


160707n (14)b.JPG


160707n (16)b.JPG

体長も50mmを超えて、黄灰色、灰白色の微毛が如何にも古参の体であります。
特徴は胸にあるシワシワ。

ミヤマカミキリ カミキリムシ科 体長は最大58mmにもなります。



今朝は遅めの起床、目覚めた瞬間に今日はやめとこ!
・・・かんかん照り、この歳になれば危ない橋は渡らない・・・と云うより体が動こうとしない。
迷惑はかけたくないからね。
それにしても昨夜は蒸し暑く寝苦しいたらありゃしない。
しばらくは辛抱であります、・・・とほほ。


林間の薄暗い場所で見つけたカミキリムシ、誰だか判らずに撮影をしました?
暗いし、小さいし?

160624o (23)b.JPG

調べると、初見のカミキリムシでした。
アトモンマルケシカミキリ カミキリムシ科 フトカミキリ亜科 体長は5~6mm。


160621n (161)b.JPG


160621n (163)b.JPG

一見、エグリトラカミキリと見間違っていましたが・・・ちょっと違う?
トゲヒゲトラカミキリ カミキリムシ科 カミキリ亜科 体長は12mmぐらい。


サルトリイバラの果実が美味そうに見えます?

160701n (30)b.JPG

サルトリイバラ ユリ科のつる性落葉低木。



タラノキにがっちりとオオアゴを喰い込ませて食事中のカミキリムシを発見。


160614n (43)b.JPG

満足なのか触角をフリフリ。

160614n (44)b.JPG


160614n (51)b.JPG

いててて!
えらい怒って噛みつき・・・指の柔らかい場所を喰いついたもんだから・・・思わず手を離してしまいました。
センノカミキリ 体長は35mmもあっただろうか。


160604n (113)b.JPG


160604n (114)b.JPG

こちらは、コウゾで見つけたお馴染みキボシカミキリです。
体長は30mmぐらい。



触角が体長の3倍ぐらいもあるカミキリムシを発見しました。
写真を撮ろうにも上手くいかない!さてどうしたもんかと。


160602o (6)b.JPG


160602o (4)b.JPG

セミスジコブヒゲカミキリ♂ 体長は12~3mmぐらい。
オスの触角は体長の3倍、メスは2倍の長さだそうです。


160525ao (7)b.JPG

ヒトオビアラゲカミキリ 体長は10mmぐらい。


160603n (37)b.JPG

エグリトラカミキリ 体長は10~12mmぐらい。



さして珍しくもないのでしょうが、自分は初見のカミキリムシを発見しました。


160510n (112)b.JPG


160510n (115)b.JPG

ヤツメカミキリ カミキリムシ科 体長は17~8mmぐらい。
体には薄い緑色の微毛が密集していて、触ると柔らかい感触がありました。
ウメやサクラの葉っぱを食べるようです。


160511n (51)b.JPG


160511n (54)b.JPG

エグリトラカミキリ カミキリムシ科 体長は15mm弱ぐらい。
翅端にトゲがあるんですが、この画像から残念ですが見えにくいです。
ヤシャブシの葉っぱで見つけましたが、広葉樹の立ち枯れ木や伐採された木に集まるようです。


石を組んだ少し高い場所にササユリが花をつけていました。

160530n (25)b.JPG


160530n (27)b.JPG

昨年も同じ場所で見つけています。
簡単に見つかる場所にも多く咲いていたのですが、盗掘が繰り返され今では見る事が出来なくなってしまいました。


ガマズミやカマツカの花が終盤を迎え、この花に集まっていた虫たちの行き先は何処だろうと思案を巡らせますが、・・・見つけられない。


160427n (15)b.JPG

チャイロヒメハナカミキリ 
体長は8mm位ありますがこの体色の為目に止まらず通り過ぎてしまいます。
調べると、西日本の低地から東北地方まで月を追って生息高度を高めていき、広い分布域を持っているようです。


160427n (123)b.JPG

ベニカミキリ 体長は15mm強ぐらい。
枯れた竹を食べるそうで害虫とされていますが、枯れた竹なら問題なさそうに思いますが?
伴って他に影響が出るのかな?



2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • お問い合わせ
総アクセス数
本日
本日アクセス
昨日
昨日アクセス
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちカミキリカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはカマキリです。

次のカテゴリはカミキリモドキです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


▼BLOG リンク

▼ホームページ リンク
▼お世話になっているサイト