カミキリの最近のブログ記事

早朝からの蝉しぐれ!
それにしては?夏休みだというのに子供の声が聞こえない?
この暑さでは外で遊ぶことが出来ないのか、熱中症などの心配があるんでしょうね。
・・・かわいそうな気がします。


今年はカミキリムシの姿をあまり見ていない。
ようやっと、見たのは、


170706n (201)b.JPG


170706n (213)b.JPG

ヒメクロトラカミキリ カミキリムシ科 体長は7~8mmと言ったところ。

そしてちょっとばかり古い画像ですが、

170627n (23)b.JPG

6月末の撮影で、これ一枚のみしか撮れなかった。

ムラサキシキブの花へ来ていたんですが、さて誰かなー?
上翅の紋から想像して・・・ヤツボシハナカミキリではなかろうかと思うんですが?


クリの幼木をのぞき込んでいると、急ぎ足で走る奴を発見。
とにかく急いでパシャリ! 


170428n (63)b.JPG

ボケていますが、しゃ~ないね。
ヒメクロトラカミキリ 体長は7~8mmぐらいか。

終盤に差し掛かったガマズミの花では、

170509n (27)b.JPG

170508n2 (6)b.JPG

体長は10mmぐらいあるんですが、何せ体色がこの通りです。
花にいても見つけにくい。

チャイロヒメハナカミキリ ガマズミの花でよく見ます。



今年初めてのカミキリムシです。


170420n (54)b.JPG


170420n (47)b.JPG

撮影しにくい場所にいたのを捕まえての撮影です。
怒った顔を撮影したのですが・・・あまりにも動くんでダメでした。

トガリバアカネトラカミキリ♂ 体長は10mmぐらい。
写真では見えにくいですが、上翅の基部にはかなり強い隆起があります。


昨日、雨が降り出す前に出かけたのですが、山へ着いてすぐに小雨が落ちてきて!
仕方なしに帰路へ。
途中、コバノミツバツツジがいつの間にか満開になり小昆虫たちが集って来ているのに気がつきました。

覗いてみると、
クロオオアリの吸蜜する姿が一生懸命すぎて、雨に濡れるのも忘れてしまいそうでした?

170417n (30)b.JPG

クロオオアリの吸蜜。

隣の花では、

170417n (53)b.JPG

170417n (62)b.JPG

早くも、ミヤマルリハナカミキリが吸蜜に来ていました。


雨が降り出す前にと朝早くに出かけては見たものの・・・蒸し暑い!
・・・ミンミンゼミの鳴き声が暑さを増幅させて余計に息苦しく感じる。
おまけに目まといがまいまいまい・・・くっそ!


160829n (50)b.JPG

160829n (56)b.JPG

160829n (51)b.JPG

キボシカミキリ カミキリムシ科 体長は30mmぐらい。



もう、ぼちぼち姿が見られなくなります。


160715n (26)b.JPG

160715n (29)b.JPG

160720n (18)b.JPG

アカハナカミキリ カミキリムシ科 ハナカミキリ亜科 体長は20mm前後。
前胸背板に黒紋を持つのがいて変異が多い為に間違いやすい。
イガブチヒゲハナカミキリ、ブチヒゲハナカミキリ、オオハナカミキリなどは体長もよく似ているか、やや大きい程度であります。



見た瞬間は判断できないほどよく似ています。


160701n (115)b.JPG

ヘリグロリンゴカミキリ 体長は12~13mmぐらい。


160615n (43)b.JPG

リンゴカミキリ 体長は20mmぐらい。

この画像を撮ったのは別の日であり、また同じ?と思ったのですが大きさに気がつき・・・おぉ~となった訳であります。
こんな風に見比べるとリンゴカミキリの方が、ややスマートなのがよく判ります。

もう少し詳しく撮りたかったのですが、どちらも雑木林の奥へ・・・とほほーと!



これだけ暑くて湿気が多いと外へ出たくない、もう夏眠に入ろうかとさえ思ってしまいます。


160802n (8)b.JPG


160802n (12)b.JPG


160802n (14)b.JPG

ナガゴマフカミキリ カミキリムシ科 体長は20mm強ぐらい。


160706n (70)b.JPG

アトジロサビカミキリ カミキリムシ科 体長は10mmぐらい。



最近読んだ本の中で、ちょっと涼しくなった書を。

P7280001.JPG

涼しくなった理由は?
似たような事もあるんだなーと・・・自分が経験した事を思い出し・・・ゾクゾクッと。



数年前に見てから・・・・長い間姿を現してくれなかった。
いるんだろうけれど、夜行性の為昼間しか活動しない自分としては姿を見る機会は少ない。

この日は早朝に出かけてせいか、クリの木で見つける事が出来ました。
いつ見てもかっこいいですね。


160707n (18)b.JPG

あまり見かける事がないので、クワカミキリと見間違え・・・スルーしてしまうところでした!

160707n (20)b.JPG


160707n (14)b.JPG


160707n (16)b.JPG

体長も50mmを超えて、黄灰色、灰白色の微毛が如何にも古参の体であります。
特徴は胸にあるシワシワ。

ミヤマカミキリ カミキリムシ科 体長は最大58mmにもなります。



今朝は遅めの起床、目覚めた瞬間に今日はやめとこ!
・・・かんかん照り、この歳になれば危ない橋は渡らない・・・と云うより体が動こうとしない。
迷惑はかけたくないからね。
それにしても昨夜は蒸し暑く寝苦しいたらありゃしない。
しばらくは辛抱であります、・・・とほほ。


林間の薄暗い場所で見つけたカミキリムシ、誰だか判らずに撮影をしました?
暗いし、小さいし?

160624o (23)b.JPG

調べると、初見のカミキリムシでした。
アトモンマルケシカミキリ カミキリムシ科 フトカミキリ亜科 体長は5~6mm。


160621n (161)b.JPG


160621n (163)b.JPG

一見、エグリトラカミキリと見間違っていましたが・・・ちょっと違う?
トゲヒゲトラカミキリ カミキリムシ科 カミキリ亜科 体長は12mmぐらい。


サルトリイバラの果実が美味そうに見えます?

160701n (30)b.JPG

サルトリイバラ ユリ科のつる性落葉低木。



2017年7月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • お問い合わせ
総アクセス数
本日
本日アクセス
昨日
昨日アクセス
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちカミキリカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはカマキリです。

次のカテゴリはカミキリモドキです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


▼BLOG リンク

▼ホームページ リンク
▼お世話になっているサイト