ゾウムシの最近のブログ記事

yosiさんから間違っているとご指摘をいただき調べなおしましたが、往きつくことが出来ませんでした。
‥の為、タイトルを修正いたします。
yosiさん、ありがとうございました。

再度タイトルを修正いたします。
yosiさんより似ている種を教えていただき、確認することが出来ました。
大変お世話になり、ありがとうございました。

フジの葉っぱにいたのを撮りにくかったので手に載せて撮影しました。

190703o (52)b.JPG

190703o (59)b.JPG

よく歩き回ります。

190703o (62)b.JPG

体長が3mmもあるだろうか、小さなゾウムシの仲間です。
ヒゲナガホソクチゾウムシ ホソクチゾウムシ科 
ツヤハダヒメゾウムシ ゾウムシ科 ヒメゾウムシ亜科 体長は3.2~3.6mm(図鑑による)
個体数は少ない・・・とあります。
よく似た種が多くいて、えらいこってしたが、無事同定ができました。
フジにいたのが決め手となりましたが、この種も似たのが多く・・・どうだかね。

台風の影響でしょうか、曇天であります。
なのに、風もなく気温は高く湿度は70%を超えています。

栗の葉っぱやコナラ、アカメガシワでよく見られる普通種であります。

190621o (3)b.JPG

何故か、いつも交尾状態で見つかるのでありまして?
カシワクチブトゾウムシ ゾウムシ科 クチブトゾウムシ亜科 体長は5mmぐらいと云ったところ。

さて、誰だか?

190517o (27)b.JPG

あまりにも小さくて、全てを撮ることが出来なかった。
体長は2mmもあるだろうか? 
多分になりますが・・・ノミゾウムシ属の仲間でありますムネスジノミゾウムシではなかろうかと。

最も普通に見られるゾウムシの仲間ですが、何故か久しぶりの気が?

190708o (1)b.JPG

眠っているのだろうか・・・脚をだらんと?

クズの葉を揺すってしまった後!

190708o (5)b.JPG

のっそりと起きだした。

ついでに上からも、

190708o (4)b.JPG

オジロアシナガゾウムシ ゾウムシ科 アナアキゾウムシ亜科。

マメ科植物では、

190703o (36)b.JPG

カメラを見ると、

190703o (38)b.JPG

ゆっくりと葉陰に隠れようと移動を始めた。
シロコブゾウムシ ゾウムシ科 クチブトゾウムシ亜科。

ハゼノキの果実を観察していた時に、ん・・・なにかおる?
初めは全く気がつかなかったのですが、・・・・じっくりと観察するもんですね。

190529o (64)b.JPG

茎の色などに溶け込んで・・・うまく化けています。
カメラを近づけたのがいけなかったのか、離れてしまいました。

190529o (76)b.JPG

ホホジロアシナガゾウムシ ゾウムシ科 アナアキゾウムシ亜科 体長は10mm弱ぐらい。
ハゼノキやヌルデの若い枝を切って産卵します。

ソヨゴの花が咲き始めました。

190531o (45)b.JPG

190531o (42)b.JPG

ソヨゴの雌花 モチノキ科の常緑小高木。

撮りにくい場所だったので、手に載せて。


180410n (57)b.JPG

180410n (65)b.JPG

180410n (70)b.JPG

♂、♀の見分け方は、触覚の位置です。
吻の中央より前に触角が出ている場合は♂、中央についているのは♀です。
この画像の場合、中央よりやや前についているので♂とします。

キスジアシナガゾウムシ ゾウムシ科 体長は10mm前後。

カラカラだった野山にたっぷりの雨が降り注ぎ、木々は大喜び?
美しい新緑が楽しみです。

モチツツジの新葉で見つけたのですが、この粘着力は有名?
結構大きなコウチュウなどでも脚を捕られ動けなくなっている場面を目にすることがある。

しかし、このゾウムシはなんの躊躇もなく平気で歩き回っているのであります。
ツツジの蕾を食うために進化した結果なのだろうと思われますが?


140410o (5)b.JPG

通常であれば、脚を捕られ粘着力に負けている筈なのに?

180410n (27)b.JPG

180410n (28)b.JPG

動きは決して早いとは言えないけれど、確実に移動を繰り返していました。

僅か2mmぐらいと小さな体でありますが、こんな風に見ると脚が少し長いようにも見えますがどうでしょう?
ツツジトゲムネサルゾウムシ ゾウムシ科 幼虫はツツジ類の蕾を食害します。
11月13日、暖かな日でした。
さすがに、虫たちの姿は見つけられないだろうと思いながら歩いていると?
あぁーいましたね!


171113n (76)b.JPG

171113n (86)b.JPG

光の加減が悪くて変な色になってしまいました。

マダラアシゾウムシ ゾウムシ科 体長は17mmぐらい。

何故かこの時期になって小さなゾウムシを発見しました。
発見したのは2日前、暖かい日だったには違いないのですが・・・。


171107n (9)b.JPG

171107n (15)b.JPG

暗い場所にいたのを手にとっての撮影です。
トホシオサゾウムシ オサゾウムシ科 体長は6~7mmと言ったところ。

今日は雨。
これからは一雨ごとに寒くなっていくんでしょうね。
ぼちぼち我が家も冬支度をしなくては。


初めて見るゾウムシです。
ただ残念なのは、上翅が損傷して飛ぶことが出来ない。


170927n (65)b.JPG

170927n (83)b.JPG

クロキボシゾウムシ ゾウムシ科 体長は7~8mmと言ったところ。
秋に松の衰弱木へ産卵をするようです。
この辺りでの松枯れはひどく進んでいて、生息するのに都合がよくなっているのか。

秋の花、

170929n (13)b.JPG

ツルリンドウ リンドウ科の多年草。


170927n (42)b.JPG

イボクサ ツユクサ科の一年草。
上手く撮れなかったので、翌日に行くと?  
残念、一日花であることを忘れていました・・・・とほほほ。


朝方だったか、肌寒さで目が覚めて窓を閉めました。
今年は秋が来るのがちょっと早い?
湿気が抜けると・・・これほど過ごしやすくなるんですね。 


本日は写りの悪いチョッキリです。

170711n (14)b.JPG

暗い場所だったのでフラッシュを焚くとテカってしまって!
ハイイロチョッキリ チョッキリゾウムシ科 体長は7~8mmぐらいだったか。


2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • お問い合わせ
総アクセス数
本日
本日アクセス
昨日
昨日アクセス
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちゾウムシカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはセンブリです。

次のカテゴリはタマムシです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


▼BLOG リンク

▼ホームページ リンク
▼お世話になっているサイト