の最近のブログ記事

日差しはあるものの気温は10℃前後、山の中では寒さを感じます。
そんな時、目の前を急いで飛び去って行くのがいた?

目で追っていくと、コナラの木の周りをくるくると何度か回ったと思ったらとまった。

天狗にしては大きいなー?


170322n (8)b.JPG

自分の目からの高さは4mぐらいの場所、メイいっぱいトリミングをしてみました。

170322n (13)b.JPG

よく見ると、ひこばえの根元辺りから樹液が出ている。
あれほど勢いよく飛んでいたのに、ちゃんと樹液のある場所を選んでたんですね。

長い間寒さに耐えていたので、腹がよほど減っていて少しの温かさですが我慢しきれず飛び出してきたようです。
昨日はこれただ一頭だけの収穫でした。

ようすから、アカタテハだろうと思います。



フィールドを歩いていて、何も見つけられない・・・。
集団越冬をしているはずのヨコヅナサシガメも今年は全く見つけることが出来ないでいます。
なんか、不思議な感じであります。


昨年7月末の画像から。

110728a (28)b.JPG

ツバメシジミ シジミチョウ科


今朝はえらく冷え込んでいます。
まぁ~~、真冬ですから当たり前と言えばそれまでですが。
・・・今から出かけないといけないのでね。


シジミチョウの画像が続きます。
本日はお馴染みのベニシジミ、意外と寝坊で出てくるのは大半が4月に入ってからでしょうか。


110714a (51)b.JPG

7月の撮影です。

コツバメ。

| コメント(4)
間もなくみられる?
本日は3月下旬の在庫画像から。


120329a (28)b.JPG

出現期間は意外と短い、3月下旬ごろから5月にかけてぐらいでしょうか。
翅表や翅裏の色は目立ちにくく飛んでいる時は黒く見えます。
ただせわしなくチカチカと飛び・・・すぐに止まります。


小寒、寒い寒いといっても自分の子供のころから比べるとずいぶん暖かに思えます。
住まいしていた場所にもよるでしょうけど、もっと切れるような寒さだったように記憶している。

学校へ行く朝、子供たちが集まってきて一番にやることは・・・だれかれなしに耳の端をピンと弾く!
これがたまらなく痛い!
戦後数年の事、防寒具などお粗末そのものでしたからね。
靴の底が破れている子供なんて当たり前の時代・・・でした。

なんの話やったかな? そうでした本日は11月の在庫画像から。


121102a (26)b.JPG


121102a (44)b.JPG

ウラナミシジミ シジミチョウ科 食草はマメ科植物。


本日は、出現期間が6月頃に限っているために見る機会が少ないシジミチョウであります。

ルリシジミ類とよく似ています。


140612a (111)b.JPG


140602a (206)b.JPG

ウラゴマダラシジミ♀ 6月上旬の撮影です。


もう4日、今年も始動ですね。
いいお天気だし、自分も今日は久しぶりにフィールドへ行ってみようかと思っています。

とは言え、ブログのほうはネタ切れが続き、しばらくは昨年の在庫からの賄いとなりそうです。

本日は5月末の在庫画像から。


150529n (169)b.JPG

アカシジミ シジミチョウ科

新鮮な画像を掲載することが出来るのはいつの事になりますか、とぎれとぎれになると思いますが、ぼちぼちと続けていこうと思っています。



7月の下旬に撮影した幼虫なんですが、判断できずにいました。
理由はホストでありますアブラムシが周りに見つからなかった為です。


160721n (126).JPG

160721n (128).JPG

体長は10mmぐらい、タケの葉にいたわけですが葉っぱを食ったようにも見えて??
日本のチョウ類のなか唯一肉食性でありますよ、葉っぱなど食うわけないですもんね。
・・・しかも、獲物の姿が見えない。

容姿端麗?大きさはゴイシシジミそのものなのですが?

実は6月にはこの場所で成虫を観察しています。

150601n (19)b.JPG

とまっている葉裏にはアブラムシがいそうな気もしますが、確認していなかった。
ゴイシシジミ シジミチョウ科


今年一年お世話になりました。
皆様にはよいお年をお迎えください。
ありがとうございました。


昨日の気温は越冬しているシジミチョウにとって中途半端だったのか?
それとも風に負けたのか。

林縁を歩いていると、地面で必死に風に飛ばされまいと踏ん張っているムラサキシジミを発見しました。
翅は風の強さに負けまいとヒラヒラとなびき、今にもちぎれそうであります。



161223n (2)b.JPG

そっと風の当たりにくい場所へ放しておきましたが、暖かい日にでも好きな寝床を探して飛んでいくかな?
翅表の美しい紫の斑紋の形からメスだと思います。


越冬中。

| コメント(0)
谷筋の奥まったところは風が強く当たらず、日当たりはよい。
その場所は、真ん中を沢が流れ左岸側には小さな灌木、右岸側には大木が茂っている。

滅多に入らない場所ではあるんですが、久しぶりに行ってみました。
その左岸側の馬酔木の葉裏で見つけたのは?


161121n (8)b.JPG


161118n (6)b.JPG

しっかりと触覚を折りたたんで越冬体制の ウラギンシジミ を観察することが出来ました。
撮影の為に木を手元に引き寄せましたが、ピクリとも動かない。


2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • お問い合わせ
総アクセス数
本日
本日アクセス
昨日
昨日アクセス
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはです。

次のカテゴリは謎?です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


▼BLOG リンク

▼ホームページ リンク
▼お世話になっているサイト