クワガタの最近のブログ記事

いよいよ、この週末から子供たちは夏休みですね。
夏休みに相応しい虫と云えば・・・、らしい虫を掲載しようと思いましたが。
(自分のブログに子供たちが遊びに来ているとは・・・到底思えないのですが?)
ま~~、たまにはいいでしょう。

ただ、自分は積極的に クワガタ などは探した事はないので名前に自信がない!
取りあえず、画像を見て自分で判断して下さいね。

ではないかなーと思える名前は書いておきます。


120628a (6)b.JPG

ちょっと高い場所に、 ミヤマクワガタ でしょうか、♂の下には♀も。



150703n (101)b.JPG



150703n (112)b.JPG



150703n (90)b.JPG

こうゆうのが苦手?よう判らんのです。
さしあたっての名前は ノコギリクワガタの♀ かな?



150622n (138)b.JPG

コクワガタの♀ ?



140617a (74)b.JPG

ヒラタクワガタの♂ でしょうか?



150611n (65)b.JPG

ヨツボシケシキスイ ケシキスイ科 これは合ってるでしょう。


近年、親もしかりですが・・・教師でさえ虫を嫌う・・と聞きましたが、何を考えてるんですかね。
虫がいなくなれば・・・えらいことになる事が判らんのかね。
近い将来、殺虫剤などを作っている製薬会社が訴えられる事もあり得ると・・・。



毎年見られる ミヤマクワガタやノコギリクワガタの姿は見られない。
もう、出て来てもいい筈なんだけど?
とは言っても、わざわざ探している訳ではないので何とも言えないですが。


140610a (64)b.JPG

スジクワガタのメスでしょうか?
朽木を穿っていました。

140610a (91)b.JPG

近づいた事に気がついたのか、驚いたようです?

手に取って見ると。

140610a (86)b.JPG

頭隠して??・・・隙間が大好きなんですが!


140610a (81)b.JPG

あっちゃー! 見つかってもうた!



140617a (75)b.JPG




140617a (76)b.JPG




140617a (78)b.JPG

こ奴は ヒラタクワガタの♂ でしょうか。
小さいですが、しっかりとした体格をしています。



今朝6.:30時ごろには山へ入っていました。

遅くなると暑さで参ってしまいそうになるのでね!

少し奥に入るのですが、久しぶりに樹液レストランを尋ねる事にしました。

 

いや~~!賑わっています。

 

130710a (56)b.JPG

 

このカブトムシのメスはかなり大きかったですよ。

カナブンが28~29mmですから、それ相応で50mmを超えてるかも知れない。

 

 

130710a (47)b.JPG

 

樹液を食べる為の縄張り争いが激しくて、転げ落ちる奴もいます。

 

 

130710a (41)b.JPG

 

アオカナブン

こ奴は転げ落ちた個体、美しいですね。

 

 

130710a (66)b.JPG

 

大あごの特徴から スジクワガタの♀かな、ヨツボシケシキスイも多く見られました。

 

 

130710a (90)b.JPG

 

コクワガタ ♀

転げ落ちたと言うよりも、前胸背板に大きくダメージを残しているのでミヤマクワガタなどにガッチリと挟まれたのかも。

レストランの下でボケーと佇んでいました。

かなりダメージが強かったようです。

 

 

130710a (74)b.JPG

 

 

 

 

130710a (62)b.JPG

 

ハネカクシ科 ムネビロハネカクシ

体長は17~18mmぐらいです。

樹液レストランでコウチュウ類に混じって這いまわっていました。

 

 

 

雨後の山を歩いていると、甲虫独特の匂いが漂ってくる事がある。

どこから来るのか、臭いと言うか、懐かしいと言って良いのか、地面低くから匂って来る。

 

 

120628a (11)b.JPG

 

今日は特に風の関係もあるんだろうけれど、臭いをたどると立派なのがいたよ。

しかも交尾中に出くわした。

メスは樹液に夢中!オスは縄張りを守るのに夢中?

それにしても、良い色してますね。

 

 

 

 

ようやく夏空が見え始めました。

今朝方まではジメーとした梅雨空でしたが、午後からは夏空に(^。^)y-.。o○

雷が鳴れば梅雨は明けると昔の人は言っていましたが、その通りになりそうです。

大丈夫だろうね。

小さな小川の水量が普段の数倍にもなって、長靴をはいて渡るにも足元から流されないように気を使うほどでした。

 

 

今朝初めてアブラゼミの鳴き声も聞きましたよ、 一瞬でしたが。

さて、本日は夏らしい虫、甲虫をアップします。

 

 

 

▼ ノコギリクワガタ  クワガタムシ科。

クワガタムシの大あごは3型に大別されるそうです。

おっちゃんがよく見るのは体も大きい長歯型とやや小さい両歯型です。

 

今日の画像は両歯型の♀です。

 

 

 

100705 (36)b.JPG

 

 

 

 

100705 (38)b.JPG

 

 

 

 

100705 (39)b.JPG

 

 

 

長歯型は口元より大きく湾曲して先端では合致しています。

この画像?何だか、ノコギリクワガタとは思えないですね。

 

 

 

▼ アカハナカミキリ  カミキリムシ科。

体長は20mm位、飛んでいるところをよく目にします。

 

 

 

100710 (13)b.JPG

 

 

 

 

100710 (15)b.JPG

 

 

 

 

▼ ハスオビヒゲナガカミキリ  カミキリムシ科。

体長は10mm強位と小さいのですが、触角は体長の4倍以上あります。

 

 

 

100625 (99)b.JPG

 

 

 

 

100625 (100)b.JPG

 

 

 

 

残念ながら、体と触覚全体の画像が撮れなかったのです。

でも、上の写真からは想像していただけるのではないかと思います。

 

 

おっ! 急に曇ったかと思うと、また雷様が雷鳴を轟き始めました。

くわばら、くわばら!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

季節が少しづつ変化しているのでしょう。 ここに来て、虫の種類が違ってきたように思います。

今日は、見納めかな?と思われる昆虫なのであります。

▼ ミヤマクワガタ  画像のみ。

090805 (4)b.JPG

090820 (6)b.JPG

090820b.JPG

えらい、怒っています?

 

▼ コメツキの仲間。

コメツキほど同定しにくい奴もいませんね? 姿形だけではどうにも判らない。

体長30mmを超えていいるかと思うほど、かなり大きなコメツキでした。

 

 

近いのは オオナガコメツキ ではないかと思われます。

 

以下のコメツキは反対に小さいです、体長10mm弱程度、しかもクモの巣のような糸に守られているようです。

090611 007b.JPG

イヤ、不思議な感じがしました。

 よく知らないので何とも言えないのですが、自分で身を守るため糸を吐いたのかな?

確認のため、糸を剥ぐって見ました。 

すると逃げ出したのです? それとも蜘蛛の巣へ潜りこんでたのかな。

(図鑑をしっかりと読めば判るかもしれません)

 

▼ クワカミキリ  以下は画像のみです。

090823 (18)b.JPG

 

▼ キボシカミキリ

025b.JPG

 

▼ アカハナカミキリ

090713 005b.JPG

今日の空は残念な結果となりました。

部分日食は見る事が出来るかと楽しみにしていたのですが、曇天と雨交じり!ダメでした。

おっちゃんは中学生のころに経験をしています。

木漏れ日が見事に花王石鹸模様!ニワトリがやかましく鳴きたてたのを思い出します。

▼ ミヤマクワガタ

おっちゃんが行くスズメバチポイントはすっかり荒らされて、今は何もいません。

新たに見つけた場所でクワガタを発見しましたが、いつまで持つかな。

090719 023b.JPG

090719 027b.JPG

090722 006b.JPG

090721 026b.JPG

高い場所なので見つけにくいですが、奴らは梯子を使いますからね。

▼ ノコギリクワガタ ♀

090603 018b.JPG

090603 020b.JPG

何が原因なのか判らないですが、すでに死んでいます。  標本にしましょう。

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • お問い合わせ
総アクセス数
本日
本日アクセス
昨日
昨日アクセス
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちクワガタカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはクモです。

次のカテゴリはグンバイムシです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


▼BLOG リンク

▼ホームページ リンク
▼お世話になっているサイト