ヨコバイの最近のブログ記事

せっかく越冬体制に入ったのに、暖かな日差しに誘われて出てきたのか・・・・心なしか寒そうに見えました?


181003n (24)b.JPG

ツマグロオオヨコバイ ヨコバイ科 オオヨコバイ亜科

180511n (73)b.JPG

クワキヨコバイ フトヨコバイ科

いつまで続くの、この暑さ!
お盆を過ぎれば少しは和らぐんだろうか・・・なんて昔の話になりそうですね。
この暑さ!一向に収まる気配がないですね。
まだ7月下旬に差し掛かったばかり・・・先が思いやられます。


180511n (34)b.JPG

180511n (40)b.JPG

ツマグロオオヨコバイ ヨコバイ科
愛称?・・・・バナナ虫とはよく言ったものですね。

葉っぱが折り重なった場所に隠れるように休んでいるのを発見。


180514n (36)b.JPG

180514n (45)b.JPG

危険を感じても・・・ヨコバイらしく横へ移動、もぞもぞとする動きがまた可愛い。
ミミズク幼虫 ヨコバイ科 

何処でも見られるポピュラーなツマグロオオヨコバイですが、いつでも見られるからと蔑ろにしてしまいます。

でも・・・、正面から見る顔は可愛いんです?


170908n (49)b.JPG

170911n (121)b.JPG

上手く撮れていないけど、笑っているようにも見えます。

ツマグロオオヨコバイ ヨコバイ科 全長は12~3mmと言ったところ。
もう少し寒くなると、越冬のため姿を隠してしまいます。


今日も、うすら寒い空です、いつまで続くのだろうか。

本日はヨコバイの仲間であります。


170428n (87)b.JPG

170428n (90)b.JPG

クロヒラタヨコバイ ヨコバイ科 体長は5mmぐらい。
出現期は5月から7月末ごろまででしょうか、意外と短い。

笹の葉の先っぽで、一休み?

170516n2 (32)b.JPG

コミミズクの幼虫かな? ヨコバイ科 体長は10mmもあっただろうか?
この種は秋11月頃まで見ることがあります。


どうも、いやな奴を見つけてしまいました?
一体、誰だろう。


170516n2 (82)b.JPG

ツマグロオオヨコバイかな? と思ってはいても、オオヨコバイにも見える??
体長は10mmぐらいだから、余計に迷いが出る?
・・・・・もう少し時間が経てばツマグロオオヨコバイの特徴が出てくるのかの知れない。


葉っぱの上を、反り繰り返って走っている奴が?

170517n (3)b.JPG

170517n (16)b.JPG

170517n (25)b.JPG

ブチミャクヨコバイの幼虫。
もう少し、上手く取りたいのですが、何せ動き回るもんで!
しかし、この格好、ヨコバイの仲間とはどう見ても思えない。


ヨコバイの仲間を見つけて、カメラで追いかけると...ヨコバイらしく横這いして逃げる!
その姿は可愛い、・・・・・何度か追いかけて撮ることが出来ました。


161117n (28)b.JPG

オオヨコバイ ヨコバイ科 この個体の体長は8mmぐらいだったか。

昨日は地震があり数秒の事ですが、えらい長く感じました?
突然やってくる自然の驚異は防ぎようがないだけに怖さを覚えます。
揺りやんだ後も、部屋に吊っているランタンが長い間揺れ動いて・・自分の気持ちを表しているような気分に?



今日も大した収穫はなかったなーと車に戻ると・・・車体の上を走り回っていた奴がいる?
小さい割に結構なスピード・・・何をそんなに慌てているのか?


160827o (2)b.JPG

肉眼では何かが走っているとしかわからない、とにかく忙しいらしい?
カメラをチカヅケスギタノカ・・・ピンと跳ねて?? 何処へ行ったか判らない。

ブチミャクヨコバイ ヨコバイ科 成虫になると体長は7~8mmぐらいはあるんですけどね。
画像の個体の体長は・・・???
個体数は少ないようで、年に一度見られればいいほうか。


話は変わりますが、パソコンの寿命は5年ぐらいだそうですね?
自分は未だにvistaを使っていて・・・購入したのが2008年9月ですから丸8年使っていることになります。
一年ぐらい前から動きが鈍いなーと感じていたのですが、いよいよフリーズが多くなり始め・・・ぼちぼち寿命がきたかと。
何にしようかと選定を始めますが、Windows10はいろいろと問題もあるようで悩まされます。
・・・さて、どうしようか?



雨の直撃にあったのか、ススキの葉っぱ上で動けなくなっていた虫?を発見。
虫らしいとは判るのですが、雨粒が身体を覆っていて・・・誰?


160629n (4)b.JPG

葉っぱが揺れないように手で揺れを抑えようとしたために、多少なり雨粒が落ちた。
それでも、身体全体を水玉が覆っています。

160629n (11)b.JPG

じっと我慢の子。

葉っぱを揺すってみると、

160629n (23)b.JPG


160629n (47)b.JPG

雨粒が落ちて解放されたのか歩きだしました。

160629n (52)b.JPG


160629n (56)b.JPG

何故、こんな目にあったのでしょう?
雨の直撃弾に合ってそのまんま動けなくなってしまったのか、逃げ遅れたのかは判らないですが、
体から雨粒が落ちるとほっとしたかのように、とぼとぼと歩きだしました。

ミミズク ヨコバイ科

そしてアカメガシワの葉裏では、

160615n (18)b.JPG

だれ?
調べてみると、クロヒラタヨコバイの幼虫 (ヨコバイ科) のようです。
体長は5mm弱ぐらいでした。



2018年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • お問い合わせ
総アクセス数
本日
本日アクセス
昨日
昨日アクセス
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちヨコバイカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはマルハナノミです。

次のカテゴリはラクダムシです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


▼BLOG リンク

▼ホームページ リンク
▼お世話になっているサイト