ハエの最近のブログ記事

特徴のあるハエ目の仲間です。

170828n (299)b.JPG

腹部が長く、側面から見ると下部には異常に長い突起があるらしい。
触角も長く見えますが、それ以上に口吻が長く伸びるとか。

ムネグロメバエ ハエ目 メバエ科 体長は12~3mmとされています。
図鑑を読むと出現は6~7月とされていますが、この画像の撮影は8月28日であります。

6月中旬の撮影ですが、面白そうなのでアップしようかと。


170615n (22)b.JPG

万歳三唱?? どんな良いことがあったのかな?


170615n (17)b.JPG

蜜のありかを見つけたから?

ツマグロキンバエ クロバエ科

本日もカップル画像です。

カマツカの葉っぱに虫らしき影?なんだろうと枝を引き寄せても動じることがない。
そのまんま、とりあえずパシャリとやりましたが?


170428n (42)b.JPG

体は動かすものの逃げ出すわけでもない? 
面白い顔のハエの仲間であります。 (平均魂が見えるのでハエ目と判ります。)
マダラメバエ ハエ目 メバエ科

地べたに張り付くように花を咲かせているのは、

170427n (96)b.JPG


170427n (94)b.JPG

キランソウ シソ科の多年草。 別名:ジゴクノカマノフタ(地獄の窯の蓋)


フユイチゴ。

| コメント(0)
昨日は寒かったです!
山での気温はお昼過ぎであっても5℃ぐらいしかない。
手袋をしたくなるような寒さでした。


161208n (27)b.JPG

あまり日当たりが良いとは言えない場所で見つけたのはフユイチゴの果実。
人間さまが食べても大丈夫なのですが、小鳥たちは食べにやってこない?
・・・・まだこれからかな?
この赤い実を見ていると、寒い中で実っているとは思えないですね。
フユイチョゴ バラ科のつる性常緑低木。


ハエ目の仲間を見つけたけれど?

161129n (5)b.JPG

シマバエの一種でしょう、詳しい種名までは判らない。
ハエの仲間は寒さに強いですね。


草刈り後の原っぱで、わずかに残る花を求めてシジミチョウやツマグロヒョウモンなどが集まってきていました。
どれも忙しく動き回り、同じ場所にじっとはしてくれない。


161021n (99)b.JPG

花も終わりに近く、萎れています。
それでも、蜜はあるのでしょう ツマグロキンバエが独占するように吸蜜する姿が見られました。
ツマグロキンバエ ハエ目 クロバエ科

林縁では、

161020n (1)b.JPG

ヤブムラサキの果実が実り始めています。
ヤブムラサキ クマツヅラ科の落葉低木。



草地に張り付いた茎の短いタンポポに見慣れない虫がいます?
上部から見るとなんだかさっぱり判らん?
・・・老眼には辛く距離感がつかみにくい・・・つまり被写界深度が浅い? とほほほー。


160408o (8)b.JPG

這いつくばって、パシャリ! 
 おっ、得意そうに反りかえって・・ポーズをしているかに見えます。
なんですか!交尾中だったようです・・・判りにくい筈です。

マダラメバエ ハエ目 メバエ科 大きさは10mm前後だろうか?


クサイチゴの花も咲き始めました。

160413n (10)b.JPG

クサイチゴ バラ科の落葉低木 果実は直径1cmにもなり食べる事が出来るそうです。

クサイチゴ と名がつきますが、草本ではなく、キイチゴの仲間で木本なんですね。 
知らなんだ!



昨年8月末の在庫画像から。

腹面突起がいやにでかい特長を持ったメバエの仲間です。


150827n (78)b.JPG

正面から見ると、額は引っ込んでいて黄色い。
触角は他のハエの仲間から比べると長く見えますが、口吻はそれ以上に長く伸びます?

ムネグロメバエ ハエ目 メバエ科 体長は12mmぐらい。


12月の在庫画像から。

暖かかった12月、ハエ目の仲間は元気そのものでありました。


151124o (13)b.JPG

キアシフンバエ ハエ目 フンバエ科 ひょうきんな面構え?であります。



この本、面白かったです。

PC170004.JPG

おなご(女子)としての視点で捉えられている場面が面白く読めました。



寒くなっても元気なのはハエの仲間です。
・・・残り少ない花を訪れていたのは、


151110n (16)b.JPG

ツマグロキンバエ クロバエ科 

どのような生態かは知らないけれど、今ごろになってよく見かけます。
上から見ると、小さい事も手伝いゴミがついているようにしか見えない?


同じハエの仲間ですが、こちらはヤドリバエの仲間です。

151027n (42)b.JPG

ちょっと設定を間違えたか、テカッテしまいましたがご辛抱を。

コガネオオハリバエ ヤドリバエ科 
チョウ目やコウチュウ目の幼虫を奇主とするようです。




カラスザンショウに来ていた 美しいハエ です。


150828n (156)b.JPG




150828n (150)b.JPG



そして又もや、

150902n (10)b.JPG

菌に冒されたのが! それにしてもよく見ますよ?

ミドリバエ ハエ目 クロバエ科




2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • お問い合わせ
総アクセス数
本日
本日アクセス
昨日
昨日アクセス
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちハエカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはナナフシです。

次のカテゴリはハゴロモです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


▼BLOG リンク

▼ホームページ リンク
▼お世話になっているサイト