カワゲラ・トビケラの最近のブログ記事

自分が行くフィールドには小さな沢がいくつか流れており、上流域や中流域に生息する生き物が多く見られますが、近年は荒れて数はめっきり減ったように思います。

190612o (6)b.JPG

フタスジモンカゲロウ カゲロウ目 モンカゲロウ科

190628o (42)b.JPG

ヒゲナガカワトビケラ トビケラ目 ヒゲナガカワトビケラ科

今日も朝から酷い蒸しようで、何もしていなくてもジワ~と汗が吹き出してきます。
湿度は85%を超えてい、陽が射してきましたが・・・フィールド行は・・・どうする???
橋梁の欄干に体長が25mmぐらいもあるカワゲラが這っていました。
その姿は足も速く・・・まるでゴキのよう?

190529o (40)b.JPG

190529o (39)b.JPG

オオヤマカワゲラ カワゲラ科

自分が行くフィールドでは、シマヘビやマムシ、ヤマカガシなどは多く出現します。
ところがここ数日の間に現れたのは、体長が1.8mぐらいもありそうな蛇を数匹見かけたのであります。

190603n (6)b.JPG

アオダイショウ
自分はあまり蛇は怖く思わないほうなんですが、さすがに少し引けました!
伸びて移動しているときなど・・・・でかいです!
危険を感じたのか、突然振り返ってこちらを睨む始末! 舌をピロピロって。
でも、目は可愛いです。

自分が行くフィールドは小さな沢がいくつもある。
そのせいでもあるのでしょう、カワゲラやカゲロウの姿は絶えない。

190419o (24)b.JPG

ヤマトヒメカワゲラ。
時には大きなオオヤマカワゲラなども見ることがあります。

伴ってカゲロウの姿も多い。

190426o (20)b.JPG

モンカゲロウ。
この地ではこの種が一番多いように思います。
暑くなる前にと少し早めにフィールドへ行ったのですが、一雨きそうな気配。
それを知ってか・・虫たちは葉隠れ?・・・見当たらない。


180511n (116)b.JPG

交尾中のカワゲラが降ってきた?
フタツメカワゲラ カワゲラ科

葉裏では、

180514n (88)b.JPG

オオワラジカイガラムシのオス(ワタフキカイガラムシ科)が休んでいました。

山の中にある農業用のため池で見つけたイトトンボ。
昨年まではあまり見なかったように思うのですが、環境の変化に伴い生息する虫たちにも変化があるんでしょうね。


170724n (42)b.JPG

ベニイトトンボ イトトンボ科
新しく見つかるものもいれば、反面消えていく種もあります。
ムカシヤンマはよく見られた種なんですが、ここ数年の間姿を見せていない。

トンボ池周辺の湿地で、

170620n (56)b.JPG

ヤマトオナシカワゲラ  オナシカワゲラ科
数は少ないですが、時折姿を見せてくれます。


いつになれば、この湿気がとんでくれるんだろう?
今朝7時A/Cを切った後、数分後には室内で86%を指していました! まるっきり風呂の中です。


自分が行くフィールドは比較的小さな沢や渓流がいくつもあります。
流れのそばではカワゲラやカゲロウの仲間が多くみられます。


170606n (7)b.JPG

ヤマトカワゲラ カワゲラ目 カワゲラ科 体長は15mm弱ぐらいです。
この辺りでは体長25mmにもなるオオヤマカワゲラも幾度か確認をしています。


170420n (69)b.JPG

クロタニガワカゲロウ アミメカゲロウ目 ヒラタカゲロウ科


170524n (23)b.JPG

チカラカゲロウ アミメカゲロウ目 チカラカゲロウ科


170529n (28)b.JPG

フタスジモンカゲロウ アミメカゲロウ目 モンカゲロウ科


クロタニガワカゲロウの姿が見えなくなったなーと思っていたら、やや小さなカゲロウが出て来ていました。


150523n (49)b.JPG

チラカゲロウ チラカゲロウ科 体長はもう少しでかいのもいるようですが、この個体は15mm強と云ったところでした。
この辺りでは、あまり見かける事はない種ですが、4月に観察をしています。


同じ沢沿いでは、でかいカワゲラがいました。
一見した時は オオヤマカワゲラ ではないかと思ったのですが?

150515n (138)b.JPG




150515n (135)b.JPG

大きさは、オオヤマカワゲラと同じ程度・・・でも足の色が違っています。

調べた結果。
ウエノカワゲラ カワゲラ科 体長は25mmぐらい。
オオヤマカワゲラの場合、肢は全体に黒いんです。


いつの間にか、エダナナフシ も大きくなって。

150520n (107)b.JPG



150520n (112)b.JPG

エダナナフシ ナナフシ科 体長はまだまだでかくなり♀では100mmを超えます。
この個体の大きさは20mmもあったかなー?



気温は10℃程度あるのに、吹く風は冷たい。
・・・虫たちはどこかへは葉隠れの術を。

野草の花も心細そうに震えていました。

150323n (5)b.JPG




150323n (6)b.JPG




150323n (4)b.JPG

ホトケノザの花は まだ蕾が多い。


トビケラの仲間を発見したけれど、今まで見た事がない種です。

150321o (5)b.JPG




150321o (6)b.JPG




150321o (10)b.JPG


車のボディーにとまっていたので、光の具合でハレーションを起こしてしまいました。
バックがグレーなので翅脈などは判りやすいですが!

・・・と云う事で調べてみると。
コエグリトビケラ科 の仲間で ヒラタコエグリトビケラ に行き当たりました。
3月初旬ごろから現れるそうなので・・・合ってると思うんですが?


この寒さ、あと2日程度の辛抱だとか。
ちょうど桜が満開になる時期ですね、楽しみです。



昨年12月の画像から。

いつものように、散策がてら沢沿いのフィールドを歩いていると目の前を横切る奴がいた。
おっかけて、取りあえずパシャリ!
その後がいけなかった。
あまりにも近づきすぎたか、ポロっと落ちられてお終い!

ボケボケの画像ですがご辛抱を。


141226a (11)b.JPG

ホタルトビケラ エグリトビケラ科 体長は15mm強だったかなー?

こんなボケた画像になってしまいましたが、自分にとっては初めて見る奴。
調べてみると、出現期は11月から12月初旬とあり、僅か1ヶ月と云う短い期間だそうです。

機会があれば、もう少し詳しく綺麗に撮っておきたい種であります。



いや~~、昨日は寒かったですね!
午後2時のフィールドの気温は3~4℃、おまけに風が強く冷たいを通り越して、痛く感じるほどでした。

そんな寒さでも、いるんですねー!


141205a (61)b.JPG




141205a (63)b.JPG

トビイロトビケラ エグリトビケラ科 全長は20mm程度だったか。

実は葉っぱの陰で休んでいたんです。
写真をとろうと、がさごそしたもんで目が覚めたのか表に出てきました。
そこをパシャリ!
迷惑だったかな。


この画像は11月中旬に撮ったものです。

141115a (4)b.JPG

オナシカワゲラ オナシカワゲラ科 体長は5mm強ぐらい。

春に出現するものとばかり思っていたので、ちょっとなー?
暖かい日ではあったけれど? 気温の変化で間違って出てきた?
それとも種が違っているのかしらん?



2019年7月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • お問い合わせ
総アクセス数
本日
本日アクセス
昨日
昨日アクセス
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちカワゲラ・トビケラカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはカメムシです。

次のカテゴリはカ科です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


▼BLOG リンク

▼ホームページ リンク
▼お世話になっているサイト