テングスケバの最近のブログ記事

昨夜はよく降りました。
明けても、一部青空が見えるものの雲が多く台風一過とはいかないようです。


本日は林道のガードレールで見つけたツマグロスケバであります。

171005n (40)b.JPG

そっくり返った格好で歩き回っていました。
詳しい生態などはわかっていないようですね。
ツマグロスケバ テングスケバ科 全長は翅端までで12~3mmぐらい。


蒸し暑さが続いて・・・天高く―と・・・秋らしい空はなかなか訪れそうにないですね。


本日はカメムシ目の2科です。

160905n (51)b.JPG

ちょっと白トビしてしまったけれど、何とか何者か判るでしょうか?
ツマグロスケバ テングスケバ科 体長は10mm弱ぐらい。翅端まで入れると13mm位あるかな。


160802n (33)b.JPG

枝に止まっていると新芽に見えるから不思議?
アオバハゴロモ アオバハゴロモ科 体長は6~7mmと云ったところ。
ピンクの不縁取りが美しい。



いいお天気が続くので洗車でもしようかと。
洗車と言っても機会を通すだけですが、拭き取りと掃除機をかけると汗だくになるほどでした。

とは言っても油断はできない?
今夜あたりから、PM2.5なんぞがやってくるらしい。
困ったもんです。



151005o (6)b.JPG

カメムシ目の仲間、セミやカメムシ同様長い口吻が見えます。

151005n (59)b.JPG

ツマグロスケバ テングスケバ科 体長は10mmぐらい。
メスなのかな? 腹部がふっくらと大きく見えます。

虫たちの姿が少なくなり、いつものフィールドだけでは見つからない。
お天気の良さも手伝って、あまり行かなかった谷沿いを歩いています。
と・それなりに、目にした事がないものが、

151015n (18)b.JPG



151015n (19)b.JPG

果実が弾けています。

樹形は、

151015n (21)b.JPG

コマユミ ニシキギ科の落葉低木で樹高は3mぐらい。
もう少し経てば、葉っぱが紅葉して秋らしい色どりになるはず。



ツクツクボウシが元気よく鳴いているのだけれど、心なしか鳴き急いでいるようにも聞こえる?
季節を知っての事か、♪ツクツクボウシ♪の間が短いのであります。


130919a (8)b.JPG

つくつくぼうし ♀
鳴かない、静かに何かを待っているようです。



130907a (48)b.JPG





130907a (50)b.JPG

ツマグロスケバ テングスケバ科 体長15mmぐらい。
今年は何故かよく見かけます。
自分が初めて見たときは、万歳三唱に値するほど嬉しかったのにな~!



130818a (38)b.JPG

キボシマルウンカ マルウンカ科 大きさは5mmぐらい。




130613a (74)b.JPG

マルウンカ マルウンカ科 大きさは5mm程度。
もう、間もなく見られなくなるかな?

今年は本当に妙な年でした、見ていない虫たちがいっぱいいます。
来季には期待をしたいものですね。






ここ数日の間、出かけずにいたので腹も減らない!
少しの晴れ間を見て、行ってきました。
山のようすは多少なり荒れ模様、2mぐらいの雑木などが根元から崩れるなどしていました。
雨続きで土砂が緩んでいたのでしょう。


湿度が高いからって、菌が発生したという訳でもないだろうけれど、腹に白い物体を持ったのが?


130827a (31)b.JPG

この画像は数日前に撮影をした ツマグロスケバ です。


そして今日はへんな格好をした ツマグロスケバ です。


130903a (54)b.JPG




130903a (57)b.JPG

セミヤドリガ を疑ったのですが? カメムシ科でも付くのだろうか?
この個体は、元気そのものでカメラを向けると横へ逃げます。
ボーベリア菌なら死に至っていると思うしね?


実は少し前にも同じような白い菌のような物をまとったハエの仲間を発見しています。


130508a (70)b.JPG

このハエに取り付いているのは? 白きょう菌ではないかと思っています。
この個体はすでに動かない状態でした。

白いものは見るからに、上の画像と下の画像では違うのが判りますが、さて何の仕業なのか?

以前にボーベリア菌を観察した時はこれとまた違った菌の付き方をしていました。
虫の世界も色々とあるんですね。





今日もそうだけど、この暑さのお陰でフィールドへ行く機会を失っている。
朝の都合次第だけど、7時を回るともう行くことを躊躇ってしまいます。

その分、情報が少なくなるのは仕方がない事ですが・・・・・。
出かけても虫たちが少ないと・・・頭の隅っこにあるのがいけないのかも知れない。


さて、本日はカメムシ目、テングスケバ、アワフキムシ、ヨコバイの仲間です。


最初の画像は迷ったのですが?


130818a (35)b.JPG




130818a (39)b.JPG

顔はツマグロスケバに似ている?
でも、ちょっと変ですよ? 翅の様子からみると幼虫だろうか。
まだ、その様子から飛ぶ事は出来ないのだろう。
手を近づけるとヨコバイのように横に這うように逃げます。

皆様はどう云う判断をされるでしょうね。



130604a (113)b.JPG

カメムシ目 ヨコバイ科 クロヒラタヨコバイ  体長5mm程度。
こんな風に色違いの場所にいる場合は見つけやすいですが、何せ小さいしあまり動かないので、幼虫のフンなどと思わされ、通り過ぎてしまうのであります。
どこにでも見られる普通種ですけどね。



130710a (3)b.JPG

カメムシ目 アワフキムシ科 シロオビアワフキ 体長は10mm程度だったかな。
我が家のグリーンカーテンに来ていた。

アワフキムシの仲間ではよく見られるほうです。
眠そうな目をしていて、カメラを近づけても逃げようとしません。
ぶっきらぼうな奴ですよ! ねむいのか、ただずぼらなのか?




フィールドから離れようと車に戻ったら、フロントに何かがいる。

遠巻きにパシャリと一枚撮り、近づくとピン! 逃げられました。

 

 

120912a (59)b.JPG

 

えらい、しゃっちこばって固まっているように見えます。

この種の目ん玉も上手く撮れないですが、今回は何とか撮れたかな?

 

 

 

相も変わらず、フィールドのアカメガシワにはツマグロスケバが陣取っています。

昨日から動いていないような?  触れば動くし、死んでいる訳ではない?

でもなー、ほとんど動いた気配がないんだけど。

 

 

 

100910a (35)b.JPG

 

 

 

 

100910a (41)b.JPG

 

 

 

何度かカメラの収めたのだけれど、いつも失敗ばかり。

はっきりとしない顔が曲者である。

然しながら、本日はバックの色がピンクで明るくなったのが原因だろうね、比較的上手く映ったよ。

 

 

 

 

 

世の中には妙な顔をした奴がいるもんで、目や口がどこにあるのか判らんのです?

拡大しても、これかな~程度。

比較的よく知られた虫なんですけどね。

 

 

ツマグロスケバはテングスケバ科。

5種のテングスケバの仲間の内、テングスケバの名前がついていないのは、こ奴だけ!

テングスケバ、ナカノテングスケバ、クロテングスケバ、ミツハシテングスケバ、

そしてツマグロスケバなんです。

それもその筈、ツマグロより他はすべて鼻が高い!

 

 

 

100826 (18)b.JPG

 

 

 

 

100826 (34)b.JPG

 

 

 

 

100826 (27)b.JPG

 

 

 

どれが目だか判ります?

かろうじて丸い目らしきものが左右に見えます。 これ単眼だそうです。

その下の方には小さな丸い場所から触角らしいのが伸びています。

 

 

 

以下は別個体です。

 

100819 (80)b.JPG

 

 

 

頭部がボケてしまってますが、ご辛抱を。

 

 

 

100819 (84)b.JPG

 

 

 

上の個体と比べると頭頂部には高さの変化があるように見られます。

 

 

 

 

 

11月と言う月は何となく寂しいですね、木枯らし、冷たい雨、驟雨、活気が出てこない?

12月に入ればそれなりに師走と言う事もあり活気が出てくるんですがね。

 

昨日は加茂へ出かけましたが、雨が近いせいもあったのでしょう人出が少なかったです。

ここの名物?無人販売スタンドも有人になり、価格も高いようでした。

一時は盛況であちこちに販売店があったのですが、今では数えるほどに減っています。

 

目的の紅葉も今一つで枯葉色に近く、見とれるほどのものは無し。

笠置山まで行けば素晴らしい紅葉が見られたそうで、残念な事をしました。

早朝に笠置山に登れば、雲海も見る事が出来る日もあるとか。

是非見てみたいものです。

 

 

 

さて、本日は9月中旬に撮影をしたものです。

 

 

 

▼ ツマグロスケバ  カメムシ目 テングスケバ科。

体長は10mm程度で、透けた翅の為かあまり目立たないです。

 

 

 

090913 (7)b.JPG

 

 

 

 

090913 (9)b.JPG

 

 

 

 

テングスケバの仲間内では吻が短いのが特徴です。

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • お問い合わせ
総アクセス数
本日
本日アクセス
昨日
昨日アクセス
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちテングスケバカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはツノトンボです。

次のカテゴリはテントウダマシです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


▼BLOG リンク

▼ホームページ リンク
▼お世話になっているサイト