チャタテムシの最近のブログ記事

シーズン入りなのか、スジチャタテが見られました。
葉っぱにくっついていたのですが、指で葉っぱをつかむと何が気にいったのかのってきました。


160624o (38)b.JPG


160624o (42)b.JPG

スジチャタテ チャタテムシ科 5mmを超えていたので♀でしょうか、よく判りません。


朝からよく晴れていたので、いそいそとフィールドへ。
行く途中、ところどころ土砂が崩落している箇所がありました。
沢の水もかなり増えて、いつも渡る場所もへっぴり腰で歩かなければ危ない?ような。
それでも、林間に入るとなんとも心地よくて、しばらく休んでしまいました。

それなりに収穫もあり、万歳三唱。



タイトルの「チャタテムシの仲間」を訂正致しました。

そらさんより、コメントをいただき間違っていたことが判明いたしました。
チャタテムシの仲間 ではなく キジラミの仲間 だそうです。
コメントをいただいたあと、自分でも調べてみましたが、種までは特定できませんでした。

そらさん、いつもありがとうございます。

ドウガネツヤハムシがいないだろうかとタラノキを観察していると、いたのはいいけれど新芽の根っこに潜りこんでいる。
何とか出て来いよーと新芽を触っていると・・・?、すぐ隣に変な奴がいます?


160415o (7)b.JPG

慌てて逃げ出す事もなく、掌に落とし撮影。
僅か3~5mmもあるだろうか?チャタテムシの仲間には違いないでしょうが種までは特定できません。
図鑑を読むと、翅脈がこの画像に近い奴が見つかった。
ウスベニチャタテ チャタテムシ目 ケブカチャタテ科 ではないかと思うのですが、自信はない。


満開です。

160415n-b.JPG

コバノミツバツツジ ツツジ科の落葉低木


160415n (51)b.JPG

ウワミズザクラ バラ科の落葉高木


今日は雨、草木にとってはいい雨なんでしょうが熊本は大変な事になっています。
何処で起こっても不思議はないようで、他人事とは思われず早く終息する事を願うばかりです。



梅雨といえど、よく降りますねー。
この先一週間も予報は雨か。台風の接近も気になります。

フィールドへもしばらくは出かけておらず・・・ネタが枯渇しつつありまして!

そんな訳で、本日は不安なままの掲載・・・・。
どうぞ、間違っていましたらご指摘をお願い致します。


150615n (33)b.JPG



150615n (41)b.JPG

スジチャタテ チャタテムシ科 ではなかろうかと?
体長は5mm弱ぐらいでした。

そして、カメラを構えている時は ハマキガ ではないかと思いながらの撮影でした。

150629n (79)b.JPG

ササの葉柄に動かずにいた・・・蛾?
現像してみると、蛾ではない。

アワフキムシの一種のようですが・・・、マルアワフキ かしらん?
ちょっと違うような気もします。
目が悪くなると・・・いろいろと弊害が・・・困った困った。



昨日はお昼ごろには日がさして、気分良く出かけたのですが1時間もすると雲が覆い寒さが戻ってきました。
さすがに虫は見つけられそうもない。
クモなどはいるんですが、兎に角小さいのばかり。


じっと見ていると目が変になりそうです!
肉眼でやっと虫かなーと判る程度? そして、またよく動く!


141221a (105)b.JPG

大きさは2mmもないだろうなー?



141221a (107)b.JPG




141221a (115)b.JPG

かろうじて、チャタテムシの仲間かと思うんですが。
さて、幼虫なのか成虫なのか・・・が判らない。

体表にはある程度光沢があり、翅があるようにも見えます。
自分の見立てでは ツヤコチャタテ チャタテムシ目 コチャタテ科 ではなかろうかと思うんですが?
どうだかね。

そらさん が得意な部門ですが、いつもこんなに小さいのを上手く画像にしておられるのには驚くばかりです。

今日は冷たい風が吹いていますが、お天気は良さそうです。
また懲りずに午後からでも出かけてみようかな。



チャタテムシ と云う虫? 小さくて不思議な雰囲気を持った奴です。
・・・一般的にはあまり知られていない・・・と言うより自分が知らないだけかもしれないですが!

いつも行くフィールドで、幼虫と成虫を立て続けに見つける事が出来ました。
・・ただね、名前が判らない。

調べると、チャタテムシ目と云うのがあり、種の数が小さな目だそうです。
 科は少ない種でありながら14科にも分かれているようです。


141025a (5)b.JPG




141025a (17)b.JPG




141025a (19)b.JPG

? スジチャタテ の幼虫 (チャタテ科) ではないかなーと?
オオチャタテ チャタテムシ科 羽化する時期が合わないような気もするのですが?

そらさんをおよび立てして、教えて頂きました。
そらさん、お手数をお掛けしました。


発見した時には、この画像の数倍の数が固まっていたのですが、カメラを近づけると一斉に分散!!
クモの子を散らすように分散したのであります。
その数は30頭を超えていたと思います。



141021a (15)b.JPG




141021a (17)b.JPG

この画像は成虫ですが、翅脈から判断すると クロミャクチャタテ♀ ? 
こちらも違っていたようです。
ハグルマチャタテ ハグルマチャタテ科
ハグルマチャタテは晩春から晩秋にかけて見られるようです。

この種は そらさん にお願いするしかない! 宜しくお願い致します。
そらさん、いつもの事ですが、御手数をお掛けしてすみませんでした。
ありがとうございました。





チャタテムシ目と言うのは僅か1.000種あまりの小さな目だそうです。

自分の図鑑には14科しか確認する事しか出来ない。

しかも、一つの科で一種、これで科が成り立っている。

調べられていない部分が多いのだろう。

その殆どが、食藻性か食菌性だそうで人との関係は薄いとか?

でも、web検索をしてみると、害虫だの駆除などの文字が躍る。

なぜだ!

 

さて、本日の ムツテンチャタテ は難問でした?

実は自分の図鑑には掲載されていない! 近い奴で ヒメムツテンチャタテ と言うのがいたのだけれど。

 

 

130415a (152)b.JPG

 

体長は3~4mm位だったかなー?

ヒラヒラと飛んで自分の服に止まった。 これは腕の部分です。

小さい上に片手撮影、早くしないと逃げられる!! 焦ってしまうのだ!

でも、意外と動きは鈍い。

もうちょっと綺麗に写したかったなー、透明感のある綺麗な翅でしたよ。

 

 

今年初お目見え。

でかかった。

 

130415a (146)b.JPG

 

青大将

お腹はぷっくりと膨らんでいた、小さなネズミでも入っているのか。

あまりにも長いので写真の枠に入らないのでね・・・。

頭部のグラデーションが綺麗ですね。

 

 

 

今まであまり取り扱った事がない昆虫です。

小さいながら凝ったデザインの翅を持っています。

 

 

 

▼ オオチャタテ  チャタテ科。

チャタテムシの中では最大級とか? と言っても7~8mm程度です。(前翅長)

年に一度羽化するとありますので、タイミング良く見る事が出来たのですね。

 

 

 

100708 (33)b.JPG

 

 

 

 

▼ スジチャタテ  チャタテ科。

前翅長は5mm位、上から比べると繊細な筋模様があります。

 

 

 

 

100630 (47)b.JPG

 

 

 

この種も出現期は短いそうです。

年に一度6月頃に羽化するそうです。

 

 

 

▼ ホソチャタテ  ホソチャタテ科。

前翅長は5mm位で、年に数回発生する普通種だそうです。

 

 

 

 

100710 (95)b.JPG

 

 

 

常緑樹などの葉っぱの裏に発生するカビ類を食べるそうです。

 

 

 

 

 

 

 

何とも威厳のある顔と読むのか、愛嬌のある顔と見るのかは勝手です。

 

チャタテムシ目は和名では噛虫目だそうです。

何を噛むのかな?

食い物はいろんなもの食べるようです。

食藻性とか食菌性らしいですが、屋内では書庫などの糊を食ったり乾燥食品を食ったりするようですね。

 

 

イヤな奴かと思えば、そうでもなく 威厳があると言うか可愛いと言うか不思議な奴です。

 

 

 

100526 (68)b.JPG

 

 

 

多くのひげを蓄えて、何をか思うのか!

表情がいいですね!

 

 

 

 

 

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • お問い合わせ
総アクセス数
本日
本日アクセス
昨日
昨日アクセス
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちチャタテムシカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはタマムシです。

次のカテゴリはチャバネゴキブリです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


▼BLOG リンク

▼ホームページ リンク
▼お世話になっているサイト