アリの最近のブログ記事

ルリアリ。

| コメント(0)
5月中旬の撮影画像から。


170517n (142)b.JPG

170517n (144)b.JPG

ごく普通に見られますが、体長がわずか2mmと小さな為にあまり真剣に見ることは少ない?
ルリアリ ハチ目 アリ科 カタアリ亜科



現在午前の8時、窓から見る空は暖かそうな日差しが射して、間もなく春だよーと、兆しが見えます。
・・・が! 一年で一番寒い季節とは言え、昼間の気温でも2~3℃と厳しい寒さであります。
インフルが大流行と聞きます、皆様にはご注意をなさって下さい。
自分などは人ごみに入らないで済みますが...そうはいかない方のほうが多い訳ですからね。


6月の撮影画像から。


170609o (10)b.JPG

170425n (13)b.JPG

ヨツボシオオアリ ハチ目 アリ科 ヤマアリ亜科 体長は5mmぐらい 
樹上営巣性。

11月中旬の撮影画像から。


171107n (32)b.JPG

人工物を歩き回っていたのをパシャリ・・・やはり動きについていけない。

クサオオアリ ハチ目 アリ科 ヤマアリ亜科 体長は5mmぐらいの中型種。
樹上で生活、光沢のある体が特徴であります。

昨日、雨が降り出す前に出かけたのですが、山へ着いてすぐに小雨が落ちてきて!
仕方なしに帰路へ。
途中、コバノミツバツツジがいつの間にか満開になり小昆虫たちが集って来ているのに気がつきました。

覗いてみると、
クロオオアリの吸蜜する姿が一生懸命すぎて、雨に濡れるのも忘れてしまいそうでした?

170417n (30)b.JPG

クロオオアリの吸蜜。

隣の花では、

170417n (53)b.JPG

170417n (62)b.JPG

早くも、ミヤマルリハナカミキリが吸蜜に来ていました。


トゲアリ。

| コメント(0)
気温が低くなってくるころから、活動が活発になる?アリがいる。

トゲアリの女王は、この時期ムネアカオオアリなど比較的大型のアリの巣を乗っ取り、相手方の働きアリに自分の子供を育てさせると云う習性をもっています。
乗っ取られた巣はやがて働きアリたちは死に絶え自分のものに!
ひどいやっちゃねー!


160519n (165)b.JPG


160519n (178)b.JPG

この画像はアブラムシに集まっているのかな?画像が悪い!

160606n (30)b.JPG

どんな事をやり取りしているんでしょう、知りたいもんです。

トゲアリ ハチ目 アリ科 ヤマアリ亜科 体長は7~8mmぐらいか。



雨が降り出す前にと出かけてきましたが、風が強まりだし雨もパラパラと。
林縁の虫たちといえば、知っているかのようにどこかへ雲隠れ?
仕方なしに原っぱに出てみると、ツマグロヒョウモンが乱舞しているのが見られました。
いつも感じることですが、タテハチョウの滑空する姿はかっこいいですね。


本日はアリであります。

160701n (53)b.JPG

160701n (55)b.JPG

チクシトゲアリ ハチ目 アリ科 ヤマアリ亜科 トゲアリ属 体長は5~6mmといったところ。
この種は地中に巣を作らず、樹上営巣性です。



昨夜は久しぶりの雨、雨音をBGMに眠りにつく事が出来ました。
ただ、涼しくはならないですねー! 蒸し暑いのは一緒。


本日は、体長3mmの小さなアリです。


160519o (18)b.JPG

160519o (16)b.JPG

カメラで追うのですが、よく動き回り・・・このへんでもうええわい?・・・って。

日本には全国に分布していて、山地で多く見られるようです。
巣は朽木の中なので、その周りで徘徊している姿がみられます。
シベリアカタアリ ハチ目 アリ科 体長3mm。



アリ。

| コメント(0)
昨年晩夏に撮影した画像から。


140829a (54)b.JPG

樹上にいる アブラムシ に集まっていたのは、クロクサアリ だと思われます。
一頭だけがかなり大きく、その周りにやや小型のアリが集まっています。

アリの世界は面白い。

PC170007.JPG

最近読んだ書ですが、知らない事ばかりで興味津々面白いです。

自分は虫は好きではありますが、それほど勉強した事もなく知らない事がいっぱい。
今となっては、体力的に机上だけになりがちですが、やっぱり野外での観察がいいなー。


アリ。

| コメント(0)
昨夏の在庫画像から。

昨年はアリを勉強したいと思いながら、何もすることが出来ずじまいで終わってしまいました。
今年は実行できずとも参考になる本などを読み、少しだけでも前へ進めればいいなーと思っています。


150617n (56)b.JPG

体長6mm位のアリです。
クロヤマアリかと思いましたが、身体の艶に違いがあるように思え調べ直しました。

行きついたのは、ハヤシクロヤマアリ でした。
上手く、オオアゴを開いてくれたのがいいでしょ?



トゲアリ。

| コメント(0)
コナラの古木に巣喰っているトゲアリです。

2週間程度観察していたのですが、
ある日突然姿を消したかと思ったら翌々日には姿を見せる・・と云った事がよくあります。
どんな理由があるのでしょうね。


150708n (31)b.JPG

アリの仲間では大きい方で8mm位あります。
胸部の前方と中ほどに鋭いカーブを描いたトゲがあり、腹節にも強くカーブしたトゲを持っています。


150708n (26)b.JPG

仲間同士の会話?


時折、こんな場面を見ます?

150423n (2)b.JPG



150423n-b.JPG

古木の洞に作られた巣と思われる入り口での行動です。
アリ団子??を作って何をしているんでしょう。
そんなあくる日には・・・殆どが姿を消して・・・数頭がうろうろしているだけ。

アリと云うのは社会生活を営んでいる為に、観察を続ければ面白いでしょうね。
・・・・残念ながら、出来そうで出来ない。



2018年1月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • お問い合わせ
総アクセス数
本日
本日アクセス
昨日
昨日アクセス
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちアリカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはアブラムシです。

次のカテゴリはアワフキムシです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


▼BLOG リンク

▼ホームページ リンク
▼お世話になっているサイト