カマキリの最近のブログ記事

ヒメカマキリより、まだ小さくて幼虫かと間違えそうな可愛い奴です。

150718n (103).JPG

150718n (106).JPG

見た時は信じられないほど小さくて、他のカマキリの幼虫かと思ってしまいそうでした。
それでも、一人前?の体形・・・と言いたいのですが、翅は意外と小さくて飛べるのかなーと?

すぐに逃げられてしまい、いい画像を残せなかったのが残念。
ヒナカマキリ カマキリ科 体長は ポケット図鑑では18mmぐらいとされています。
自分では撮るのが精いっぱいでしっかりと目測することもできませんでした。
小さくて可愛いカマキリです。

危険を感じると態勢を低くして警戒をする姿がなんとも言えなく健気で可愛い。


181001n (120)b.JPG

181001n (140)b.JPG

181001n (154)b.JPG

この後、何が気に入ったのかなかなか手から離れない?
ヒメカマキリ ヒメカマキリ科 ハナカマキリ科 体長は30mmぐらい。
ryoiさんより間違っているよーと教えていただきました。
ありがとうございました。
この種も出現時期は遅く9月頃から11月頃まで見られる日本固有種だそうです。

何処の違いで、カマキリ科とヒメカマキリ科に分類されているのだろうか?

コカマキリ。

| コメント(0)
カマキリ続きであります。

出現してくるのは意外と遅く、今まで自分が観察できたのは9月の後半ぐらいからだったと思います。
ポケット図鑑を読みますと、11月頃までは見られるとか。


181002n (89)b.JPG

181002n (80)b.JPG

他のカマキリから比べると、顔面の上下の幅がかなり平べったいようです。

181002n (103)b.JPG

特徴は鎌の内側にあるこの斑紋です。

181002n (69)b.JPG

20頭身? スタイルは抜群、スマートな体形であります。
コカマキリ カマキリ科 体長は50~60mmぐらい?
ハラビロカマキリに再度挑戦です?

181005n (31)b.JPG

何見てんの?

181005n (97)b.JPG

胸のあたりが少し赤く見えるのですが?
ちょっと失礼して、

181005n (26)b.JPG

えらい怒って!・・・鎌って器用に曲げることが出来るんですね、驚きました。

これは、もうハラビロカマキリに違いないと。
昨日のムネアカから比べると体長も小さくややスマートだったかな?
カマキリ続きであります。

これは、もうハラビロカマキリで間違いないのであります。


181005n (151)b.JPG

181005n (163)b.JPG

ただ褐色型と言いますが、翅の色紋様は大変美しいものがあります。
シーズンとして出現してくるのは、ちょっと遅いようで自分が例年観察できるのは、ちょうど今頃の季節で秋遅くまで見られることがあります。
ハラビロカマキリ褐色型 カマキリ科 体長は60mmぐらいと小さく見えました。

カマキリ愛さんに叱られそうですが、いまひとつ判っていない!
ただ、通常のハラビロカマキリと比べると大きく思えました。


181003n (13)b.JPG

なんか、陰険そうに見える? 
(コメントはムネアカハラビロカマキリに対して言った言葉ではないですよ、あくまでも画像がです。)

181003n (20)b.JPG

なんか、用あっか?

181003n (14)b.JPG

用ないなら行きまっせ。。。。

胸の下側は確かに赤いのですが、前胸背の縁は??
ムネアカハラビロカマキリ ではないかと?思うのでありますが。

林縁を歩いていると足元から飛び立ったのがいる?
誰だかなーと・・・目で追うとえらい高い場所へ!

180926n (23)b.JPG

こちらがいる事が判っているのだろう・・・なかなか降りてこない。
遠いけど、仕方なしにパシャリ!

サトキマダラヒカゲ タテハチョウ科 

時は秋・・・引っ付き虫の季節であります。

180918n (176)b.JPG

180918n (179)b.JPG

ヌスビトハギ マメ科の多年草。
果実が実り・・・これがくっつくと難儀ですぞ!

近年、オオカマキリの個体数が少なくなっているように思うのですが?
思うのは自分だけかなー。
最も、夏の暑い間フィールドへ行っていないもんで観察できていないだけなのかも知れないですが。


180918n (210)b.JPG

人工物の上でポーズをとる個体。

下の画像は別個体。

180913n (21)b.JPG

180913n (23)b.JPG

180913n (25)b.JPG

メスから比べると体長はかなり小さい。

オオカマキリ♂ カマキリ科 体形はスマートで体長が70mmぐらい。
チョウセンカマキリと間違えそうになりましたが、後翅の色と胸の色に違いがあります。
目の前に垂れ下がったヤシャブシの葉っぱの先端にカマキリが。
風に揺られてボケないように枝を手で捕まえ、カメラを向けた。

やはり危険を感じるのでしょう、カメラを避けるように葉裏などに逃げます。
その様子を時系列で。


180817n (11)b.JPG

なんか、文句あっか?

180817n (13)b.JPG

なんか、嫌やな?

180817n (20)b.JPG

ちょっとうるさいゾ!

180817n (24)b.JPG

もう、勘弁してえなー?

180817n (30)b.JPG

逃げるか勝ち!・・・・・??

毎年晩秋になると出会える小さなカマキリです。


171026n (21)b.JPG

ガードレールの支柱にいたのをパシャリと。
上手く捉えられたと思ったら...即...落下!

171026n (25)b.JPG

枯葉に紛れて・・・擬態しているつもりなのだろう、動こうとしない。
ヒメカマキリ ヒメカマキリ科 体長は30mmぐらいと小さい。

よく似たのに、ヒナカマキリ カマキリ科 がいるんですが、2015年に観察して以来見かけていない。
この種も体長が20mm弱ぐらいと小さく、愛嬌のある動きをします。
カメラを近づけると、首をすくめ身体全体を低くして・・・わしゃー枯れ枝じゃーちゅうて・・・隠れるようなしぐさをします。

2018年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • お問い合わせ
総アクセス数
本日
本日アクセス
昨日
昨日アクセス
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちカマキリカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはカツオブシムシです。

次のカテゴリはカミキリです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


▼BLOG リンク

▼ホームページ リンク
▼お世話になっているサイト