グンバイムシの最近のブログ記事

昨日は快晴、久しぶりにフィールドへ出かけてみました。
ま・歩きに行ったつもりなんですが、どうしても虫目が・・・。

エナガやヤマガラ、コゲラの声が聞こえてくる程度で静かなもんです。
ふっと思い出し、以前に観察したトサカグンバイがいた馬酔木の木を見に行くことに。

以前は葉裏に点々といたトサカグンバイですが、今では個体数が減りながらも元気に頑張っていました。


170227o (11)b.JPG


170227o (6)b.JPG

暖かいせいか元気に動き回り、写真を撮るには何度もパシャリを繰り返しました。
そのうちの2枚ですが、何とか見ることが出来そうです。

雪の日や風が強い日、寒さが続く中生き延びる術を持っているんですね。
ま~~当たり前と言えばそれまでですが、健気なもんです。

トサカグンバイ カメムシ目 グンバイムシ科


昨日は風も穏やかで気温も少し高め。
・・・・だけど、山では鳥の鳴き声さえ聞こえてこない?

ずいぶん歩いたなーとたどり着いた場所は、年末に発見したグンバイムシがいた馬酔木の木。
まだいるかなーと見ると、日当たりのいい場所の葉裏にかなりの数が確認できました。


170106o (6)b.JPG


170106n (18)b.JPG

眠っているようでそうでもないらしい?
葉っぱを捲ると急ぎ足で動き回り、葉陰へ隠れる。

トサカグンバイ カメムシ目 グンバイムシ科


二匹目のドジョウじゃないけれど、ウラギンシジミが越冬していた馬酔木の木が気になり別の場所に生えている木を見てみると?
小さなのが動いているのが見えます、しかも集団で越冬中のようです。


161224n (22)b.JPG

161224o (6)b.JPG

体長は3~4mm弱ぐらいと小さい。
葉裏についていたのを捲って撮影をしていると、気が付いたのかもぞもぞと動き出します。

161221o (13)b.JPG

まるでレースのような紋様が美しい。

161221o (20)b.JPG

口吻を葉っぱへ突き立てている様子が見えます。

161221o (22)b.JPG

トサカグンバイ グンバイムシ科
グンバイムシの多くの種は特定の植物へ寄生しますが、トサカグンバイはクズ科やバラ科、ツツジ科など多くの植物で見られるようです。



数本のネジキの葉裏にグンバイムシが張り付いていました。
かなり離れた場所なので一斉に発生したのでしょう。

写そうとしますが、元気元気!葉裏を走り回ります。(ボケの理由でありますが?)


160523n (59)b.JPG


160523n (26)b.JPG


160523n (46)b.JPG

トサカグンバイ カメムシ目 グンバイムシ科 体長は3mmもあるだろうか。
膨らんだ頭部まで網目模様?であります。



160508n (59)b.JPG

クワキヨコバイ カメムシ目 フトヨコバイ科 体長は8mmぐらい。
林縁の薄暗い下草で見つけました。
ヨコバイとはうまくネーミングしたもので、すぐに横ずさりをして葉裏へ隠れます。


暖かくなったのに、虫の姿はあまり見られないです。
なんだか、気抜けしたような?


150316o (29)b.JPG

車のボディーに止まっていたアワフキの仲間。
越冬あけで体色が変化しているのでしょう、誰だか判りにくい。

よくよく見ると シロオビアワフキ (アワフキムシ科) ではないかと。


何も見つける事が出来ないので・・・。
先だって掲載した トサカグンバイ が気になって見に行くと、殆どが姿を消して死んでいるのも見られました。

150315n (4)b.JPG




150315o (2)b.JPG

カメムシの仲間らしく、口吻を葉っぱに突き刺しているのが判ります。


アセビの花は満開近くになっていました。

その花に、ビロードツリアブが1頭来ていましたが、うまく写すことができません!
まだ、この辺りでは少ないです。
ま~~これからですから、・・・その時に。



濃い緑の葉っぱの中で、アセビの白い花一房だけが目立っていました。


150313n (18)b.JPG

他はまだ小さな蕾のままです。

気がつくと葉裏に何かがくっついています。

150313n (22)b.JPG

集団であちこちに見られ、葉っぱを揺らしてもあまり動こうとはしない。


150313n (21)b.JPG

一見した時はアブラムシかと・・・、それにしてはでかいなー?
・・・と言っても、3mm位はありそうです。


150313o (12)b.JPG




150313o (5)b.JPG


トサカグンバイ カメムシ目 グンバイムシ科 体長3mm前後。
この場合はアセビで見つけましたが、同じツツジ科のネジキやバラ科やクス科などでも観察できるようです。

この花が咲きだすと ビロードツリアブ なども姿を現す時期ですね。
春に向けて動き出すと瞬く間・・・忙しくなります。




グンバイムシは今まで扱った事がなかったと思います。

あまり見る機会もなかった事が原因だろうけど。

 

今日の シキミグンバイ も初めて見た種です。

調べてみると、トサカグンバイには特に似ているようですが、他のグンバイムシにもよく似ています。

体長は5~6mm位でちょっと幅広タイプ?でした。

もちろん止まっていた植物が決め手です。

 

 

 

101014a (41)b.JPG

 

 

 

今までもグンバイムシを発見した事はあるのですが、写真を撮るまでは至らなかったのです。

 

 

 

 

2017年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • お問い合わせ
総アクセス数
本日
本日アクセス
昨日
昨日アクセス
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちグンバイムシカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはクワガタです。

次のカテゴリはコガネムシです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


▼BLOG リンク

▼ホームページ リンク
▼お世話になっているサイト