野鳥の最近のブログ記事

笹の葉にくるまれたマイマイガ、踊化が始まったようです。

200622s (1)b.JPG

蛹になった後、真夏の7月から9月にかけて成虫となり出現。
♂は不規則飛行を繰り返すことから舞舞蛾と呼んだそう? ドクガ科

頭上でメジロ君が賑やかです。

200609s (11)b.JPG

じっとこちらを窺って・・・・

200609s (19)b.JPG

知らんやっちゃなー?
この日は小鳥日和? 姿は見えないけれどすぐ近くでホイホイホイー・・見えそうで見えない。
一度はゆっくりと見てみたい。

イカル。

| コメント(0)
浅い沢沿いを歩いていると、野鳥が水浴びにやってきて・・・・木の上へ。

200602s (3)b.JPG

200602s (4)b.JPG

200602s (5)b.JPG

・・・・気がついたか?

200602s (7)b.JPG

じっとこちらを窺っていたが・・・・しばらくにらめっこをした後飛び去って行きました。
近くだったこともあるんでしょうが、随分大きく見えました?
以前にシンジュサンの幼虫を観察したのはいつだったか?忘れるほどです!

190517o (19)b.JPG

190517o (23)b.JPG

出会えた日は一日中浮かれた気分であります。

ヒメヤママユのその後は、

190508o (15)b.JPG
5月8日撮影。

190515o (43)b.JPG

終齢となっています。

林道を歩いていると、足元に頭上を何かが飛び去る影が?
見上げると目の前に!・・・カメラには90mm マクロ! あかんやろなー パシャリ!

190522n (16)b.JPG

いい場面の画像は全てボケてしまって・・・・この1枚が何とか。
ポケット図鑑を調べて・・・一番近いのは・・・サンショウクイ?ではないかなーと。
小さくても猛禽の仲間、表情は鋭く威厳があります。


180314n (77)b.JPG

周りを窺って、

180314n (91)b.JPG

凛として、

180314n (100)b.JPG

ぼちぼち飛び立とうかな?
20枚ぐらい連写したうちの3枚です。

・・・、威厳があるなんて書きましたが、なんとも可愛い顔ですね。
今まで何度となく見ているのですが、こんなに近くで撮影できたのは初めてであります。

チョウゲンボウ ハヤブサの仲間だそうです。


今日は風の流れがどうもいけません。


今シーズンの見納めでしょうか、可愛い姿を見せてくれました。


180314n (14)b.JPG

せっかく出てきてくれたのに、逆光! カメラを木の陰に移動して・・・うまく写せるか? 
・・・若干黒くなってしまいましたがまぁーいいか?
しっかりとこちらを窺っているようですが、何とか。

そして、早くも!

180313n (24)b.JPG

尺取虫を見ましたが、さて誰だろう?
ナカウスエダシャクか? まだ若齢だと思われますが...判らん!

林縁を散策中、落ち葉の中に小鳥が舞い降りたような?気がした?
よく見ると2羽?色が違っているように見えるけど...番なのか?

目を凝らすも・・・よく判らず、上手く化けたもんだと。


180222n (3)b.JPG

保護色とはよく言ったもんです、かろうじて鳥がいるのが判る程度であります。
ソヨゴの実でしょうか、赤い果実を啄んで、まずいのかポロリと落とす。
地を這うように歩きながら、いい場所へ出てきてくれました。

180222n (19)b.JPG

180222n (50)b.JPG

この図も化けてるつもり?じっと動かずにこちらを見ています。

この時、すぐ傍にもう1羽がいます。 すごく仲がいいんです。
自分は鳥の事は殆どと言っていいぐらい知らない。
初めは番だと思って撮影していました!

180222n (15)b.JPG

いくら何でも、これは?

180222n (30)b.JPG

違うわね。

180222n (43)b.JPG

ツグミと同じように・・・こちらを見てじっと動かずにいます。
帰宅してポケット図鑑を調べようやく ツグミとシロハラ ではないかと・・理解したのでありまして?

ヒゲナガサシガメの幼虫は比較的見る機会はあるんですが、何故か成虫は少ない?


170516n (3)b.JPG

170516n (6)b.JPG

ヒゲナガサシガメの幼虫 サシガメ科 体長は10mm強と言ったところ。

林縁を歩いていると? 何かしら? ぐじゅぐじゅぐじゅ と文句を言いながら走り出てきたやつがいる?

170526n (28)b.JPG

コジュケイだろうと思います。
自分もびっくりしたけれど、本人も?驚いたんでしょう。
盛んに文句を言いながら走って移動・・・なぜ飛ばない?
・・・・けたたましい鳴き声はよく耳にしますが、姿を見るのは久しぶりじゃ。


お天気がいい日は続かない?
昨日は雨こそ降らなかったですが、気温は低く風が強い日でした。
手の届かない場所に虫を見つけても、風に揺られて・・・・!

風などに影響されない場所で?

170418n (10)b.JPG

擬木柵でハラヒシバッタが休んでいました。
もう、バッタたちが発生する時期なんですね。
数個体が集まって休んでいましたが、この後全員・ピン?どこかへ。

まだ新葉が出ていないコナラの木の先端で美しい囀りが長く聞こえていました。
長いレンズを持っていないのですが、一応パシャリとやって見ることに・・・。

170420n (36)b.JPG


170420n (38)b.JPG

同じ木で場所を変えながら元気いっぱいの囀り。
実に楽しそうでした。
めいっぱいのカットをしましたが、何とか見ることが出来そうです。

さて問題は名前です? 
頭はわずかに瑠璃色に見え胸が白い、体の大きさはヒヨドリよりは小さいかなー?...という事で調べ自分が出した結果は オオルリのオス 。
間違っているかも知れない。


野の花を探すことなく見られるようになってきました。


170413n (51)b.JPG


170413n (48)b.JPG

ムラサキケマン ケシ科の越年草。

藪から顔を出したエナガ。

170328n (81)b.JPG

とっさの事だったので...いつものボケが!


昨日ツマキチョウを3頭確認しました。
残念ながら写真に収めることはできませんでしたが、ようやく春の感触であります。


エナガ。

| コメント(0)
つまらない写真だけれど、何もないから仕方がない?
何故つまらなくなったかって?
・・・とまったと思ったら、次の瞬間別の枝へ・・カメラを構える余裕など与えてくれない。
とにかく忙しいのであります。


170227n (8)b.JPG


170227n (19)b.JPG

シジュウカラやヤマガラ、コゲラの鳴き声がにぎやかに聞こえてきます。
春を待っていたのでしょう、真に楽しそうでありました。
枝先などには、小さなクモや幼虫が姿を見せるころですもんね。



2020年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • お問い合わせ
総アクセス数
本日
本日アクセス
昨日
昨日アクセス
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち野鳥カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは野生動物です。

次のカテゴリは面白画像です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


▼BLOG リンク

▼ホームページ リンク
▼お世話になっているサイト