アブラムシの最近のブログ記事

雪虫。

| コメント(0)
山へ入った途端? 雪のように舞う小さな虫がマイマイ。
何処へ行くともわからず・・・ただ風に流されてふわふわと舞う姿はまさに雪のようであります。
もう、そんな時期なんですね。

帽子を振り上げるととまったので、そのまんま撮影。

161121o (18).JPG


161121o (11).JPG

トドネノオオワタムシ カメムシ目 アブラムシ科 ヨコバイ亜目 アブラムシ上科 
普段は翅はなく産卵の時期のみ翅が出てくるそうな?
卵態で越冬、卵期は約10か月とあります。


山道の南斜面に咲いていた黄色い花、

161122n (19)b.JPG

161122n (20)b.JPG

ヤクシソウ キク科の越年草
花が少ない今、目立っています。



本日は今まで登場してこなかった虫を2種。


160511n (2)b.JPG


160511n (14)b.JPG

小さいうえによく動き回り、ボケの連続。・・・・しかしこれしかない・・・とほほほ。
一見した時はテントウムシの変わり種?かと調べるも・・・そんな奴おらんやろ・・って。

いましたね、クロホシテントウゴミムシダマシ ゴミムシダマシ科 体長は3mmもあっただろうか。
掌をケシ粒のようなのが走り回る・・・でも初見の虫は嬉しいものです。
保育社 Ⅲ-52-13


160508n (62)b.JPG

この種も初見でありまして、アブラムシの仲間には違いなさそうであります。
北隆館で調べると、ニホンケクダアブラムシが一番近い。  PL79-1240

ニホンケクダアブラムシ アブラムシ科 体長は3mmぐらい。
この個体はイタドリにいましたが、寄生するのはウバメガシやクヌギなどの新梢だそうです。



ミズナラの樹皮に何やら黒い物体がびっしりと着いています。

よく見ると、何とクリオオアブラムシです。

よくも、まーこれだけ集まったもんだ!

 

 

 

111221a (41)b.JPG

 

 

 

 

111221a (37)b.JPG

 

 

体調は3mmもあったかなー、結構大きなアブラムシでした。

コロニーの中には楕円形をした卵のようなのも見られ、それを守る様に動いていたのです。

 

 

 

2016年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • お問い合わせ
総アクセス数
本日
本日アクセス
昨日
昨日アクセス
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちアブラムシカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはアブです。

次のカテゴリはアリです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


▼BLOG リンク

▼ホームページ リンク
▼お世話になっているサイト