クモの最近のブログ記事

収穫がなく、車へ戻ったら車体にクモが張り付いていました。


161130n (23)b.JPG

161130o (2)b.JPG

しおり糸を使って風に流され移動している最中に、暖かな場所を見つけ着地したのでしょうか。
車のボディーは暖かな日差しでちょうどいい具合のようです?
のんびりとしていましたが、その内ちょこまかと移動をはじめました。

オニグモの幼体だと思われますが、それ以上は?


トンボ池の畔に葦や萱が生い茂る場所があります。
その萱の葉っぱでトリノフンダマシの♀と卵のうを見る事が出来ました。


160909n (72)b.JPG

写真右側の茶色く見えるのが卵のうです、この中には卵がいっぱい入っています。

160909o (2)b.JPG

160909o (8)b.JPG

160909o (9)b.JPG

トリノフンダマシの♀ ナゲナワグモ科 大きさは10mmぐらい。
オスはメスの1/10ぐらいだそうですが、自分は未だ見た事がないです。
見逃している可能性大であります。



8月ごろアオオニグモが姿を消すとビジョオニグモが姿を現す。
いつもの年、ビジョオニグモを探すのですがあまりいい結果は出ていなかった。


160829n (117)b.JPG

160829n (119)b.JPG

この時、うまい具合に懸垂下降をしている場面に出くわして掌にのせて撮影。
ハエトリグモほど忙しく走り回らず・・・なんとか撮影が出来ました。
ビジョオニグモ コガネグモ科 大きさは10mm弱程度。


カニグモの仲間がハエの仲間を捕食。
・・・?どちらも名前がはっきりとしない。

160827n (20).JPG

捕食しているのはカニグモの仲間ではあるんですが・・・種名までは判らない。
餌食のなったハエの仲間も?・・・ヤドリバエの仲間ぐらいしか・・・画像が悪い!

こんなに小さなクモでも大きな蠅を捕食するんですね。
尻にかみついているように見えますが、ハエはピッリとも動かない。
離してくれる事を願って我慢?・・・それともすでに息絶えているんだろうか。



最早、夏バテであります。
夏バテと云うよりエヤコンバテと云った方が正しい。
どっこも出かけとらんもんね!


160715n (264)b.JPG


160715n (269)b.JPG

カラスハエトリの♂ ハエトリグモ科 大きさは6~7mmと云ったところ。
紋様の美しいクモであります。



50%台、湿度が低いとこれだけ過ごしやすい・・・今気がついた訳ではないけれど・・・いいですねー。
早朝の山の空気は心地よい。


160622o (5)b.JPG


160622o (3)b.JPG

シロオビトリノフンダマシ♀ ナゲナワグモ科 大きさは8mmぐらい。
鳥糞・・・と云うよりも、人面グモ?  眉毛つきタヌキ顔にも見えます?
今年初めての発見です。


160715n (61)b.JPG

天幕住居の中でうろうろ、
ヌサオニグモ♀ コガネグモ科 大きさは8mmぐらい。



蜘蛛。

| コメント(0)
久しぶりにクモの掲載です。
・・・最近ようやくアシナガグモやコガネグモの姿が見られるようになってきましたが、全体的に姿は少なく感じられます。


160701n (101)b.JPG

160701n (102)b.JPG

カラスハエトリ♀ ハエトリグモ科 大きさは7mmぐらい。 赤いダニがくっついているようです。


160630o (12)b.JPG

160630n (26)b.JPG

アズチグモ♀ カニグモ科 大きさは7~8mmと云ったところ。
体色には変異が多いようですが、この白い透けたような個体色は美しいです。


雑木が茂る場所には、

160706n (103)b.JPG

イチゴのようなコウゾの実がたくさん実っています。
もちろん食べる事は出来ます。

数年前までは桑の木も見る事が出来たのですが、いつの間にか姿を消してしまいました。
コウゾに押しやられたのかな?


シーズンに入ってから、普通種と云われるハエトリグモの姿を見ていない。
アオオビハエトリ、デーニッツハエトリ、ネコハエトリやマミジロハエトリ・・・何処へ行ったのやら?

最近に見たハエトリグモの仲間は、

160603n (42)b.JPG

160603n (51)b.JPG

アリグモ幼体 


160523n (81)b.JPG

160523n (88)b.JPG

160523n (95)b.JPG

ヤハズハエトリ♂


160512o (14)b.JPG

ヒメカラスハエトリ♀

この3種にとどまっている。・・・・探し当てていないだけか?
今になってアシナガグモの仲間が多く見られるようになってきたようです。


幼虫などを観察しようと枝葉を見ていると、おっ!何かいる?
・・確かに・・アブのようですが・・・変な格好であります??


160425o (7)b.JPG

・・何の事はない、ワカバグモがアブを捉えていた。

160425o (10)b.JPG

カメラを向けると、くるっと葉裏へ・・・そしてまたは表への繰り返しであります。

160427n (16)b.JPG

こんな場面を幾度も見ますが、忍者のような姿消しは見事なものです。

ワカバグモ カニグモ科 体長は10mm強。



車に乗っていて窓を開け放した方が気持ちがいい。
なんと暖かい12月なんでしょうね。

まだまだ元気そうな ジョウロウグモ が。

151224n (17)b.JPG

さすがに巣網は痛んでいます。

少しばかりカメラを構えにくい場所だったので手にのせる事に、

151224n (13)b.JPG

元気元気!のせた途端に糸を垂らして逃げだします。

再度糸を手繰ってのせ、逃げられないように脚を指で挟んで ぱしゃり。

151224n (10)b.JPG




151224n (14)b.JPG

もう~、やめてよ!・・・とばかり見ています。


151224o (10)b.JPG

又元の巣網へ戻してやりましたよ。

今日も今のところは暖かい。
今夕より寒さが増すとの予報ですが、何だか毎回聞いているような?
子供のころを考えると、随分気候の変化を感じます。

子供の頃の今ごろの遊びは、
指で耳をピンと弾かれると!・・・これ又痛い! 今流行りのいじめじゃないですよ。
必ず仕返しをするもんね。
その後は竹馬で遊んでいました、雪で足が冷たくならないように。
殆どの子供たちは靴下や靴そのものに穴があいて・・・冷たかったー!・・・けど平気。



枯れ葉を屋根に上手く利用した住居?でくつろいでいるところを見つけました。

151014n (28)b.JPG

腹部の紋様がなければ見つける事が出来ていないかも知れない。

もっと全体を写したいと枝を揺すったら、飛び出してきました。

151014n (30)b.JPG



151014o (10)b.JPG

キンヨウグモ アシナガグモ科 アズミグモ属 この個体の大きさは8mmとやや小さい。
この種を画像に残せたのは初めてでありました。


紫が美しい、

151030o (10)b.JPG

ヤブムラサキ の果実の色が綺麗です。



2016年12月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • お問い合わせ
総アクセス数
本日
本日アクセス
昨日
昨日アクセス
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちクモカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはクチキムシです。

次のカテゴリはクワガタです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


▼BLOG リンク

▼ホームページ リンク
▼お世話になっているサイト