クモの最近のブログ記事

お馴染みのポーズであります。


180913n (28)b.JPG

180913n (41)b.JPG

何が気になるのか・・・上のほうばかりを見ています?

180913n (55)b.JPG

180913n (69)b.JPG

アシブトハエトリ ハエトリグモ科
美しい紋様のハエトリグモですが、被写界深度をうまく調節できなかった。...残念。
近寄りすぎたかなー?

ジョロウグモばかりが目につきます。


180918n (122)b.JPG

ジョロウグモの幼体。

そして、居候をしている奴は。

180918n (126)b.JPG

ジョロウグモの♂ 体長はメスの1/3ぐらいと小さい。

交接の機会を待っているのか、獲物の横取りを狙っているのか・・・必ずと言っていいほど♀の巣網の隅のほうで待機している姿が見られます。


路傍など湿気た場所に目をやると、

180918n (149)b.JPG

180918n (152)b.JPG

ツユクサの花の造形が面白い。

山ではジョロウグモの巣網ばかりが目立つようになってきました。
アシナガグモの仲間なども見られますが、山地ではあまり見られないナガコガネグモが注意看板の裏に張り付いていました。


180809n (136)b.JPG

ナガコガネグモ♀ クモ目コガネグモ科 大きさは20mmぐらいだったか、やや小さく思えました。

朝から強烈な太陽が!
はぁ~~、いつになれば快よく過ごせるのだろう。


180521n (6)b.JPG

沢山のタカラダニをくっつけたワカバグモ・・・・見ているだけで痒くなりそうであります。
このタカラダニ、いつも感心するのは食いついている箇所です。
どんな種にでも関節など柔らかい場所に食いついているんですが、いかにして知るんだろうと?
そして、大事なのは食いついた相棒を弱らせないで、満足がいけば・・・・ぽろりと!

ワカバグモ カニグモ科 大きくなれば10mmを超える奴もいるんです。

もともとは南方で生息していた種ですが、温暖化の影響でしょうか関東地方でも見られるようになっているようです。


180629n (4)b.JPG

180629n (5)b.JPG

宙に浮いているために・・・少しでも風が吹くと・・・ダメ!

居候の名前がつくように、他のクモの巣に侵入・・獲物を盗み食いをする。
トビジロイソウロウグモ ヒメグモ科 

肌寒かったり暑かったりと妙な天候が続きます。
困るのは就寝時、夜中に寒いなー・・・て目が覚めて、暫く眠れない。


本日は長らくご無沙汰のクモの画像です。

180511n (166)b.JPG

180511n (170)b.JPG

アオオニグモ コガネグモ科 ん・・紫色の間髭紋様がない。


180511n (21)b.JPG

180511n (203)b.JPG

タニカワアシナガグモ アシナガグモ科 捕食しているのはオオワラジカイガラムシの♂かな?

お手上げ!

| コメント(0)
寒くってなにもいやしない!

180402n (60)b.JPG

アオオビハエトリもお手上げ?

昨日は春の陽気?多少風はあるものの暖かでした。
林道にあるガードレールの支柱で何か日向ぼっこをしている奴が?


180302n (53)b.JPG

太陽の温かみが支柱の鉄を暖め、気持ちがいいのだろうか・・・なかなかこの場所から去ろうとしない。

180302n (66)b.JPG

180302n (83)b.JPG

カメラは7cm~10cmぐらいまで近づけてるんですよ、
それでも、よほど気に入ったのか逃げるそぶりはない。

久しぶりの動く虫? しばらくの間楽しませてくれました。

アリグモの幼体 ハエトリグモ科

いつも歩く南向きの斜面で、おったー!

171128n (41)b.JPG

細くて小さく・・・カメラが認識しにくい。
バックに掌を置いて写そうとすると・・・上のほうへ、

171128n (44)b.JPG

何とか写すことが出来ました。
このクモ、普段だと小さな松葉が宙に浮いているようにしか見えないので、写す時は少し脅かして移動させてから撮影をします。

オナガグモ ヒメグモ科 この個体の体長は20mm弱ぐらいだったか。
クモを襲い食べてしまうというクモであります。
こんなに細い体のどこにそれだけのパワーと云うか知恵があるんでしょうね。

ちょうど一月前の撮影です。
撮り始めた時はシベリアカタアリかヨツボシオオアリだと思ってカメラを覗いていたのです。
途中でなんか違うなーと?


171026n (70)b.JPG

画像を大きくしてみると、はっきりとクモの仲間だと判るんですが。

171026n (91)b.JPG

171026n (113)b.JPG

なんせ、2mmぐらいと小さい。
決めつけるのは危険?かも知れないですが、
とりあえず、アリグモの幼体としておきます。 (ハエトリグモ科 アリグモ属)

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • お問い合わせ
総アクセス数
本日
本日アクセス
昨日
昨日アクセス
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちクモカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはクチキムシです。

次のカテゴリはクワガタです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


▼BLOG リンク

▼ホームページ リンク
▼お世話になっているサイト