ハナノミ科の最近のブログ記事

よく似たハナノミを2種発見したのですが、どこが違うって??
体長の多少なりの違いと上翅の光沢があるなし・・・これも疑わしいのですが。


170627n (6)b.JPG

170627n (10)b.JPG

終わりかけのムラサキシキブの花へ来ていたのを発見。
上翅に光沢があることが決め手となりました。
ガロアヒメハナノミ ハナノミ科 体長は5mm弱ぐらいだったか。

そして、クリの花へ来ていたのは?

170626n (93)b.JPG

170626n (104)b.JPG

上翅の微毛には光沢がなく、体長がガロアヒメハナノミよりやや大きい5~6mmぐらい。
ちょっと自信がないのでありますが?
クロヒメハナノミ ハナノミ科 ではないかと思っています。


タイトルのフタモンヒメハナノミを修正致しました。

ムラサキシキブの花に来ていたハナノミ。
実は昨年も同じ場所で発見しているのですが、クロハナノミではないかと?
どうも、納得ができず、写真を撮る前にじっくりと観察をしました。


160624o (6)b.JPG


160624o (7)b.JPG

画像では、どうしても繊細な微毛などは綺麗に写す事が出来ません。
肉眼で見ると、肩部や上翅全体になどに黄色光沢がある美しい毛が密集しているのが判りました。

結果、
フタモンヒメハナノミ ヨシダヒメハナノミ ハナノミ科 体長は3~4mmぐらい。
・・・と、判断しました。


写真を撮った後、決まったようにポロリ!



6月の下旬ごろに ムラサキシキブの花 で吸蜜する小さなコウチュウがいました。
姿形から、すぐにハナノミの仲間だと云う事は判るのですが、種までは・・なんとも?


初めは クリイロヒゲハナノミ かなーと、然し体長は如何にも小さい!
よくあって4~5mmもあるだろうか?
クロハナノミ にしても6mm前後とされています。

さぁ~~て、誰かいな?
6月26日から今日7月4日にかけて観察をしていますので、日によって種が違う事も考えられるのです?



140626a (8)b.JPG




140626a (5)b.JPG




140626a (18)b.JPG




140626a (76)b.JPG

上記は 6月26日撮影です。



140627a (11)b.JPG

6月27日撮影。
この時は、手に乗せるとぐるっと一回りしたかと思うと上翅を広げ飛び去ってしまいました。



140629a (5)b.JPG

6月29日撮影。



140701a (16)b.JPG




140701a (21)b.JPG


小さなゾウムシがいますが、この時は無視!



140701a (32)b.JPG




140701a (3)b.JPG

6月29日の撮影です。
この日は晴天の関係もあるのか、いやに神々しく光っていました。

図鑑を読むと。

クロハナノミ : 体長5~6.5mm。
          上翅の会合部前半に金色の強い光沢がある微毛がある。

フタモンヒメハナノミ : 体長 3.5mm。
          前胸背板の毛は前後縁を除き暗黒光沢をもつ、上翅の基部、会合部、
          肩部と中央側方の毛は黄金光沢がある。


29日に撮影をしたものは、少しばかり細身にみえます。
クロハナノミ か、フタモンヒメハナノミ か、はたまた違った種なのか。
疑問符がついた、ややこしい事になったのであります。




2017年7月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • お問い合わせ
総アクセス数
本日
本日アクセス
昨日
昨日アクセス
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちハナノミ科カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはハチです。

次のカテゴリはハネカクシです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


▼BLOG リンク

▼ホームページ リンク
▼お世話になっているサイト