ガの幼虫。

| コメント(4)

毎日、ムシムシしますねー! 虫、虫だったら良いんだけど?

今日は比較的大型の蛾の幼虫です。 今が旬です。

▼ ウスタビガ  ヤママユガ科。

成虫の前翅長は50mmにもなる大型の蛾の幼虫です。

080627 021b.jpg

080627 022b.jpg

残念ながら寄生バチにでも刺されたのか痕が残っています。

▼ 成虫です。 昨年の11月に撮影をしたものです。

061123 028b.jpg

061123 027b.jpg

成虫の色彩には多彩で、もう少し茶色ぽいのや青みがったのもいます。

▼ オオトモエ  ヤガ科。

成虫の前翅長は上よりやや小さくて45mmぐらいです。 幼虫の体長は100mmぐらいです。

090706 041b.JPG

ご覧のように サルトリイバラの葉っぱを食っていました。

近づくと落下したため、拾い上げて撮影をしました。

090706 037b.JPG

ちょっと見はアケビコノハに似ています。 感触も?

090706 038b.JPG

090706 039b.JPG

090706 040b.JPG

心地よさそうに昼寝中のようです。  元の葉っぱに戻して終了です。

▼ ムクゲコノハ ではないかと?  ヤガ科。

体長は70mm程度でした。 ただ、食草に止まっていた訳ではないので ? なのであります。

090529 045b.JPG

この植物はツツジ科です。 ま~移動中なのかもしれないです。

コメント(4)

おっちゃんさん こんにちわ~

いつもお邪魔してるんですよ、
足跡残さず・・・ですけども~~


ま、ちょっと掌によう載せませんが、よくよく見るとカワイイですね、
と言うてもミドリとその次くらいまでです
あとはご勘弁を・・・・

黒い点々、模様と思ったんですけど、傷なんですか、可愛そうに

アオムシはアゲハのを育てたことがあります。
黒いクリクリが目玉とばっかり思っていたら
「そうじゃないよ」って言われて「えっぇ~~」と思ったことがありました。

わんちゃんさん、今晩は。

慣れない人には幼虫は触れないかな?
可愛い先に気持ち悪いが先に立ってしまうそうです。

何事もそうですよね。WANも然り、怖いと思っている人には説明すら受けてもらえない? そんなもんです。

幼虫は成虫になるまで、さまざまな試練が待ち受けています。
もし、生態系が狂ってしまえば虫の世界も変な方向へ進んでしまいます。

寄生するハチなども自然の中では貢献しているのが判ります。
誰かが異常発生するのを防いでいる様は自然なのであります。
不思議ですよね、

おはようございます。
ウスタビガくん痛々しいです。
このまま成虫になれないなぁ。
オオトモエさんは、めっちゃ恥ずかしがり屋だ!
顔を隠してますね。

あすちーさん、いらしゃいませ。

ウスタビガの幼虫、この姿で見る事が多いです?
何故なんでしょうね。

一番痛々しく感じたのは、オオムカデに巻きつかれている場面でした。 これは見ていてもキツカッタ・・・・!

オオトモエはアケビコノハの幼虫とよく似ていて、一見したときは間違ってしまいそうです。

コメントする

2020年10月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • お問い合わせ
総アクセス数
本日
本日アクセス
昨日
昨日アクセス
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

アーカイブ

このブログ記事について

このページは、おっちゃんが2009年7月 8日 14:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「エダシャクを3種」です。

次のブログ記事は「アシナガグモの仲間。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


▼BLOG リンク

▼ホームページ リンク
▼お世話になっているサイト