シオカラトンボの仲間です。

| コメント(0)

昨夜は久しぶりに、自然の風を感じながら眠ることが出来ました。

いいもんですね、窓を開け放してビールを飲み、心地よい風をうけて眠りに就くなんて至福の時を過ごしました。

今朝も早くに目が覚めてフィールドへ。 あまり虫には出会わなかったなー。

さて、本日の画像は4月末、5月、6月に撮影をしたものです。

▼ シオカラトンボ

別名 ムギワラトンボ です。

その名前が表わすようにメスは麦藁色をしています。 オスも始めは麦藁色なんですが成熟すると体は黒くなり、白い粉でおおわれるようになります。

体長は50mm強で、止水域で繁殖します。

090518 026b.JPG

▼ オオシオカラトンボ

シオカラトンボより、やや大きくて体長60mm弱でちょっと太っちょです。

メスはやはり麦藁色に近い黄色で、オスは青白く粉をふいたようになります。

090624 012b.JPG

090713 025b.JPG

実は関西には ナニワトンボ と言うのがいて、よく似ているんですよ! ???です。

こんな風に ずんぐりむっくり とした感じ。 まー、これはオオシオカラでしょう。

▼ シオヤトンボ

シオカラトンボの仲間内では最もずんぐりした小型種です。

体長は40mm程度で、オスはやはり成熟すると黒くなり。白い粉でおおわれます。

メスは成熟するにつれ、緑っぽくなり灰色がかった体色となります。

090424 011b.JPG

090424 012b.JPG

090424 018b.JPG

擬木に止まっているため、判りにくい画像となってしまいました。

またの機会にチャレンジします。

▼ 小型のトンボだと思うのですが・・・・? 誰だかわからない。

090703 005b.JPG

7時頃だったか、フィールドへ着いた時に発見。

大きさから想像すると、シオヤトンボかシオカラトンボ?

090703 009b.JPG

090703 017b.JPG

 ↓ 上の撮影を終えてから30分後です。  やや色が出てきているのが判りますか?

090703 020b.JPG

目ん玉と形の色が濃くなっているような気がします。

飛び立つまでは1時間以上かかるでしょうね。

コメントする

2020年10月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • お問い合わせ
総アクセス数
本日
本日アクセス
昨日
昨日アクセス
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

アーカイブ

このブログ記事について

このページは、おっちゃんが2009年7月31日 14:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ヘビの仲間です。」です。

次のブログ記事は「翅の紋様が面白い蛾です。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


▼BLOG リンク

▼ホームページ リンク
▼お世話になっているサイト