ヨコバイの最近のブログ記事

コウゾの葉表に隠れるようにしていたツノゼミ・・正面から撮ろうとするも逃げられた!

200603o (49)b.JPG

オビマルツノゼミ カメムシ目 ツノゼミ科 体長は6mmぐらい。

ヨコバイを観察したけれど、誰だかよく判らず!

200520s (4)b.JPG

多分だけれど、羽化後間がないオオヨコバイではなかろうかと。
オオヨコバイ カメムシ目 ヨコバイ科 


それほど珍しくもないんですが、二~三年に一度ぐらい見かけるぐらいで個体数は少ないと思われます。

190710o (4)b.JPG

ブチミャクヨコバイ ヨコバイ科 翅端までの大きさは7mmぐらいか。
因みに幼虫は、

110617a (123)b.JPG

2011年6月末に撮影した画像です。

見た目、ゴミにしか見えない何かを・・・撮ってみた結果であります。

190626o (6)b.JPG

現像をしてようやくヨコバイの仲間だと判り・・・そらさんのフォトへ行って調べました。
オビヒメヨコバイ ヨコバイ科 体長は2mmもあっただろうか?

原っぱではネジバナが競うように咲き誇っています。

190703o (32)b.JPG

もう少し、上手に撮れないものか! 
ネジバナ ラン科の多年草。
コバノミツバツツジの花にオオメナガカメムが。

190417n (65)b.JPG

ちょこちょこと動き回りボケていますが、・・・・。

葉裏に誰かがいるんですが、えらい影が薄い?

190426o (40)b.JPG

190426o (38)b.JPG

何のことはない・・・コミミズクの脱皮殻でした。

せっかく越冬体制に入ったのに、暖かな日差しに誘われて出てきたのか・・・・心なしか寒そうに見えました?


181003n (24)b.JPG

ツマグロオオヨコバイ ヨコバイ科 オオヨコバイ亜科

180511n (73)b.JPG

クワキヨコバイ フトヨコバイ科

いつまで続くの、この暑さ!
お盆を過ぎれば少しは和らぐんだろうか・・・なんて昔の話になりそうですね。
この暑さ!一向に収まる気配がないですね。
まだ7月下旬に差し掛かったばかり・・・先が思いやられます。


180511n (34)b.JPG

180511n (40)b.JPG

ツマグロオオヨコバイ ヨコバイ科
愛称?・・・・バナナ虫とはよく言ったものですね。

葉っぱが折り重なった場所に隠れるように休んでいるのを発見。


180514n (36)b.JPG

180514n (45)b.JPG

危険を感じても・・・ヨコバイらしく横へ移動、もぞもぞとする動きがまた可愛い。
ミミズク幼虫 ヨコバイ科 

何処でも見られるポピュラーなツマグロオオヨコバイですが、いつでも見られるからと蔑ろにしてしまいます。

でも・・・、正面から見る顔は可愛いんです?


170908n (49)b.JPG

170911n (121)b.JPG

上手く撮れていないけど、笑っているようにも見えます。

ツマグロオオヨコバイ ヨコバイ科 全長は12~3mmと言ったところ。
もう少し寒くなると、越冬のため姿を隠してしまいます。


今日も、うすら寒い空です、いつまで続くのだろうか。

本日はヨコバイの仲間であります。


170428n (87)b.JPG

170428n (90)b.JPG

クロヒラタヨコバイ ヨコバイ科 体長は5mmぐらい。
出現期は5月から7月末ごろまででしょうか、意外と短い。

笹の葉の先っぽで、一休み?

170516n2 (32)b.JPG

コミミズクの幼虫かな? ヨコバイ科 体長は10mmもあっただろうか?
この種は秋11月頃まで見ることがあります。


2020年10月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • お問い合わせ
総アクセス数
本日
本日アクセス
昨日
昨日アクセス
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちヨコバイカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはマルハナノミです。

次のカテゴリはラクダムシです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


▼BLOG リンク

▼ホームページ リンク
▼お世話になっているサイト