カワゲラ・トビケラの最近のブログ記事

初めて見たカワゲラの仲間です。

210211o (29)b.JPG

クロカワゲラの仲間と思われますが、同定までは行き届かずであります。
近いのはミジカオクロカワゲラではないかと?

ブリさんに教わったニガイチゴが旨そうな果実を実らせています。

210524o (20)b.JPG

210524o (25)b.JPG

こんなに美味しそうなのに食べることはできない? 調べると果実の核が苦いとか。
ニガイチゴ バラ科の落葉低木。

沢沿いを歩いていて見つけた可愛いカワゲラの仲間です。

210524o (26)b.JPG

フタツメカワゲラの仲間。 カワゲラ目 カワゲラ科

目の真ん前で、・・・でかいなー!

210524s (35)b.JPG

もともと、何が起きても動じることはないのですが・・・・この時も枝を少々揺すっても動かない?
裏に回って見て・・・原因が分かった!

210524s (46)b.JPG

可哀想にカナヘビが・・・・もうビクッともしなくなっていた。
いつ見ても嫌な奴です。
トビズムカデ オオムカデ目 オオムカデ科 体長は150mmもあっただろうか。

谷川にかかる橋の欄干で見つけたカワゲラの仲間です。
寒くても元気いっぱい走り回り・・・・撮影は難しい!

210202o (22).JPG

210202o (20).JPG

ホソカワゲラの一種だと思われますが、同定までは至らず?

コマユミの冬芽。

210126o (3)b.JPG

若木の枝は細く頼りなく感じますが、しっかりと次世代の芽が。
コマユミ ニシキギ科の落葉高木。

梅雨の時期が一番多いのだろうか、よく見かけます。

200623s (13)b.JPG

ヤマトカワゲラ カワゲラ科 体長は15mmぐらいか。

200608o (72)b.JPG

宙に浮くようにひらひらと飛んでいる姿をよく目にします。
・・・・それでも、ちゃんと目的地に向かって飛んでいるのだろうね。
モンカゲロウ モンカゲロウ科 体長は20mmぐらい。

体長が25mmもある大型のカワゲラですが、今シーズンは多く発生しているのかよく見かけます。
それも、樹上に上っているのか、はるか高い場所から滑空するかのように飛んできてどこかへ着地。

200512o (24)b.JPG

この辺りは水量の多い沢と云うか渓流が流れているので、生息域となっているのだろうと思います。
オオヤマカワゲラ カワゲラ科

林縁で見つけたタツナミソウの仲間、少し花の色が・・・・・いわいるタツナミソウとは違うような?

200512s (38)b.JPG

200513o (13)b.JPG

調べると、タツナミソウにも数種ある事が判りました。
タツナミソウは明る草地に生えるそうですが、林縁のやや暗い場所に群落を作っていたのはオカタツナミソウのようです。
オカタツナミソウ シソ科の多年草。

自分が行くフィールドには小さな沢がいくつか流れており、上流域や中流域に生息する生き物が多く見られますが、近年は荒れて数はめっきり減ったように思います。

190612o (6)b.JPG

フタスジモンカゲロウ カゲロウ目 モンカゲロウ科

190628o (42)b.JPG

ヒゲナガカワトビケラ トビケラ目 ヒゲナガカワトビケラ科

今日も朝から酷い蒸しようで、何もしていなくてもジワ~と汗が吹き出してきます。
湿度は85%を超えてい、陽が射してきましたが・・・フィールド行は・・・どうする???
橋梁の欄干に体長が25mmぐらいもあるカワゲラが這っていました。
その姿は足も速く・・・まるでゴキのよう?

190529o (40)b.JPG

190529o (39)b.JPG

オオヤマカワゲラ カワゲラ科

自分が行くフィールドでは、シマヘビやマムシ、ヤマカガシなどは多く出現します。
ところがここ数日の間に現れたのは、体長が1.8mぐらいもありそうな蛇を数匹見かけたのであります。

190603n (6)b.JPG

アオダイショウ
自分はあまり蛇は怖く思わないほうなんですが、さすがに少し引けました!
伸びて移動しているときなど・・・・でかいです!
危険を感じたのか、突然振り返ってこちらを睨む始末! 舌をピロピロって。
でも、目は可愛いです。

自分が行くフィールドは小さな沢がいくつもある。
そのせいでもあるのでしょう、カワゲラやカゲロウの姿は絶えない。

190419o (24)b.JPG

ヤマトヒメカワゲラ。
時には大きなオオヤマカワゲラなども見ることがあります。

伴ってカゲロウの姿も多い。

190426o (20)b.JPG

モンカゲロウ。
この地ではこの種が一番多いように思います。
暑くなる前にと少し早めにフィールドへ行ったのですが、一雨きそうな気配。
それを知ってか・・虫たちは葉隠れ?・・・見当たらない。


180511n (116)b.JPG

交尾中のカワゲラが降ってきた?
フタツメカワゲラ カワゲラ科

葉裏では、

180514n (88)b.JPG

オオワラジカイガラムシのオス(ワタフキカイガラムシ科)が休んでいました。

山の中にある農業用のため池で見つけたイトトンボ。
昨年まではあまり見なかったように思うのですが、環境の変化に伴い生息する虫たちにも変化があるんでしょうね。


170724n (42)b.JPG

ベニイトトンボ イトトンボ科
新しく見つかるものもいれば、反面消えていく種もあります。
ムカシヤンマはよく見られた種なんですが、ここ数年の間姿を見せていない。

トンボ池周辺の湿地で、

170620n (56)b.JPG

ヤマトオナシカワゲラ  オナシカワゲラ科
数は少ないですが、時折姿を見せてくれます。


いつになれば、この湿気がとんでくれるんだろう?
今朝7時A/Cを切った後、数分後には室内で86%を指していました! まるっきり風呂の中です。


2021年5月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • お問い合わせ
総アクセス数
本日
本日アクセス
昨日
昨日アクセス
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちカワゲラ・トビケラカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはカメムシです。

次のカテゴリはカ科です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


▼BLOG リンク

▼ホームページ リンク
▼お世話になっているサイト