ゴミムシダマシの最近のブログ記事

同じ科でもないのによく似たのが多くいます。

200618o (9)b.JPG

キマワリ ゴミムシダマシ科 キマワリ亜科
クチキムシによく似ていて間違えそうであります。

200529s (14)b.JPG

クロカタビロオサムシ オサムシ科 オサムシ亜科
この体形よく似たのが数種いて惑わされます。

少し湿気たところにドクダミの花が。

200608o (52)b.JPG

昔はどこにでも見られたのですが近年はあまり見られなくなってしまったような?
ドクダミ茶なんて
・・・・飲まされた経験があります、臭いし苦いし・・・嫌でした。
ドクダミ ドクダミ科の多年草。

山間にあるガードレールを歩いていた美しい金属色のコウチュウを発見。

200508o (20)b.JPG

忙しく歩き回り、この一枚しか撮ることが出来なかった。
アカイロアオハムシダマシ (アカイロハムシダマシ) ゴミムシダマシ科 ハムシダマシ亜科

以前にウグイスカグラの白色の花を見つけ、その名前がコウグイスカグラだと判りましたが、その木に果実が実っていました。

200511o (25)b.JPG

まだ熟していない青い果実も残っていました。
コウグイスカグラ スイカズラ科の落葉低木。

虫目を凝らして歩くと、よく目にする種です。

190614o (13)b.JPG

ヨツボシゴミムシダマシ ゴミムシダマシ科 キノコゴミムシダマシ亜科


190620s (12)b.JPG

樹上を活発に動き回っている場面をよく目にします。
その名も、キマワリ ゴミムシダマシ科 ゴミムシダマシ亜科
今日は曇りの予報でしたが、快晴です。
青い空に白い雲が浮かんで、空気も夏! 暑くなりそう。
一昔前なら、喜び勇んで出かけだろうに?



180515n (1)b.JPG

180426n (123)b.JPG

2枚は別個体です。
アカガネアオハムシダマシ ゴミムシダマシ科 体長は10mm前後。
アオハムシダマシと云うのもいますが、数年前に見た切りで最近見た記憶はない。


180613n (118)b.JPG

ハムシダマシ ゴミムシダマシ科 体長は8mmぐらいか。
上翅全体が毛深い奴です。

もう、こんなのが出てきてます。
地味~~な奴ですけどね?

180426n (3)b.JPG

クロナガキマワリ ゴミムシダマシ科 体長は15~8mmと言ったところ。

ミツバアケビの蔓には、

180426n (170)b.JPG

180426n (168)b.JPG

食欲旺盛な個体がついたためか、ミツバアケビの蔓には若葉が全く残っていない。
イモムシ君は葉っぱを求め基部へ戻るためUターンです。
アケビコンボウハバチの2齢幼虫。

本日は今まで登場してこなかった虫を2種。


160511n (2)b.JPG


160511n (14)b.JPG

小さいうえによく動き回り、ボケの連続。・・・・しかしこれしかない・・・とほほほ。
一見した時はテントウムシの変わり種?かと調べるも・・・そんな奴おらんやろ・・って。

いましたね、クロホシテントウゴミムシダマシ ゴミムシダマシ科 体長は3mmもあっただろうか。
掌をケシ粒のようなのが走り回る・・・でも初見の虫は嬉しいものです。
保育社 Ⅲ-52-13


160508n (62)b.JPG

この種も初見でありまして、アブラムシの仲間には違いなさそうであります。
北隆館で調べると、ニホンケクダアブラムシが一番近い。  PL79-1240

ニホンケクダアブラムシ アブラムシ科 体長は3mmぐらい。
この個体はイタドリにいましたが、寄生するのはウバメガシやクヌギなどの新梢だそうです。



きまわり。

| コメント(0)
昨夏の在庫画像から。

夏、木々を観察しながら歩いていると、必ずと言っていいほどお目にかかるのは キマワリ 。
樹皮など樹上を徘徊している姿が頻繁にみる事が出来ます。

姿から肉食系かと思いがちですが、朽木や菌類が好みとか。


150723n (12)b.JPG


150723n (16)b.JPG

なんとも面白い口元をしていて、口元だけを見ているとお猿さんのようにも見える?

150724n (75)b.JPG

体長は20mm位で樹上をせわしなく動き回って・・・なかなか写真さえ撮らせてくれない。

余程の事がなければ、逃げるそぶりは見せなく・・・気に入らないとプイっと方向を変えて歩き出す?
一風変わった奴であります。

キマワリ ゴミムシダマシ科


昨秋の在庫画像から。

立ち枯れた桜の古木に生えていたキノコを食べていたゴミムシダマシの仲間を見つけました。
調べるうちに、何とよく似たのが多くいる事か!

ある程度的を絞ったものの特定するまでには至っていません??


150715n (7)b.JPG



150715n (10)b.JPG



150724n (4)b.JPG

絞り込んだ種は オオメキノコゴミムシダマシ と アオツヤキノコゴミムシダマシ であります。
体長から見てみると、アオツヤキノコゴミムシダマシのほうが合っていそうな気もします。
しかし、アオツヤだとすれば、角がない・・・為にオオメかなーと、思ったり?



虫たちの名前には モドキやダマシ と名がついたのがいますが、本人にすればだましたつもりはないのにね?


140902a (49)b.JPG



140902a (55)b.JPG



140902a (56)b.JPG

ナガニジゴミムシダマシ ゴミムシダマシ科 体長は10mm前後。
キノコが好物のようです。



140926a (48)b.JPG

ヨツボシテントウダマシ テントウダマシ科 体長は5mmぐらい。
この種もキノコが好き。



140612a-b.JPG

ハムシダマシ ハムシダマシ科 体長は7~8mmぐらい。
何を食うのかは知らない。



今朝は久しぶりで晴れ間がのぞいていたので、やっとこさで出られるなーと、いそいそと出かけました。
頭の先から カァーッ! 夏の暑さがてきめん。

あれだけ雨が降ったせいか、


140805a (62)b.JPG

やたら カタツムリが目につきます。
カタツムリにも種があるんでしょうが、知らない!


さて、本題です。
沢が流れ込む三角州は砂地ですが、たまに面白い奴が見つかります。

140602a (99)b.JPG




140602a (114)b.JPG

コスナゴミムシダマシ ゴミムシダマシ科 体長8mmぐらい。
肢の先がとれてしまったりと、ちょっと疲れ気味ではありますがちゃんと生きてます。
この種を見るのは2度目ぐらい。
唯、よく似たのがいるんで、合ってるかなー?


140611a (2)b.JPG

おなじみ キマワリ です、体長は20mmぐらい。




2020年10月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • お問い合わせ
総アクセス数
本日
本日アクセス
昨日
昨日アクセス
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちゴミムシダマシカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはゴミムシです。

次のカテゴリはザトウムシです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


▼BLOG リンク

▼ホームページ リンク
▼お世話になっているサイト