クモの最近のブログ記事

お花見日和でした。
車で走行していても、あちこちで桜が見事に満開。
我が町にこれほど多くの桜の木があったとは?・・・と思うほどです。
昨年の桜の開花を調べてみると、やはり1週間か10日ほど今年は早いようです。
そんなことは関係ないのか、虫たちの出は思うほど進んでいないのですが・・・・それもすぐそこまで来ているんでしょう。

210331o (7)b.JPG

210331o (11)b.JPG

ようやく出会たのは小さなクモ、・・・・サガオニグモの幼体でしょうか。
サガオニグモ コガネグモ科 体長は5mmもあったかな?

ナワシログミの果実。

210317o (29)b.JPG

来月辺りには赤く熟します。
ナワシログミ グミ科の常緑低木。

アリグモ。

| コメント(0)
よく日の当たる林道で初動きものを発見。
・・・・・てっきりアリだと思っていたけれど?

210126o (10)b.JPG

210126o (14)b.JPG

アリグモ♀ ハエトリグモ科 体長は5~6mmぐらいだろうか?

ヤマザクラの冬芽を確認しに行ってきました。
やはり掲載したヤマザクラの冬芽はその場所だけのようでした。
よく日が当たりますが、ここまで冬芽が膨らんでいるとは驚きでしかありません。
他の場所では。

210127o (14)b.JPG

210127o (5)b.JPG

膨らみすぎている?冬芽の芽が吹き出すのはいつになるのか、見守っていこうと思っています。

何もおらんかったなーと、車に戻ると車の屋根で日向ぼっこをしていた。

201012o (21)b.JPG

日差しで屋根が温まっていて気持ちがいいのか? まったりとしているようでした。

湿地で見つけた紅葉。

201028o (2)b.JPG

シソ科の交雑種?だろうか、湿地の中でこの株だけが美しく紅葉をしていました。

葉裏にわずかな違和感があり捲って見ると・・・?

200930o (11)b.JPG

200930o (13)b.JPG

いました。
キンヨウグモ アシナガグモ科 透き通ったような体で・・・なかなか綺麗なクモでした。

残り物。

201021s (35)b.JPG

ほとんどの果実が空になりその皮だけが地面に落ちている。
その蔓の上のほうを見上げると、小さな果実が・・・。
今日も野猿に出会いましたが、遠慮の塊なのか?

雑木林を抜けるとき、小枝をもってフリフリ歩かないと顔面がクモの巣だらけに!
それぐらいジョロウグモの巣網ばかりが目立ってきました。

200930o (20)b.JPG

200930o (23)b.JPG

ひざ下あたりにはサラグモなど小さな巣網もみられます。

頭上には枯葉を住居にしているのがいました。

201006o (21)b.JPG

よく判らいないけれど、こんな住居を設けるのはヒメグモの仲間だろう。


昨日の朝は随分冷え込み霧がかかったりしましたが、10時を過ぎるころから日差しが戻り暑いぐらいに・・・・車中ではエヤコンを使いました。

コガネグモ。

| コメント(0)
小さな体ながらも存在感があるグモです。

200915o (33)b.JPG

コガネグモ コガネグモ科 体長は20mmぐらいか。

そのすぐ近くて見つけた、

200924o (8)b.JPG

チリイソウロウグモの卵のうだと思われますが、主がいないため確認はできないでいます。
ただ、イソウロウグモの仲間の卵のうには違いはないと思います。

止水域に咲いていた可愛い花。

200924o (13)b.JPG

田の畔など水辺に咲く花だそうですが、種を小鳥たちが運んできたのでしょう山の中の沢沿いで見ることが出来、毎年撮っています。
イボクサ ツユクサ科の一年草。

今シーズンはジョロウグモより目立って多いような?

200928o (30)b.JPG

200929o (8)b.JPG

オオシロカネグモ アシナガグモ科 体長は13mmぐらいか。

イヌタデにヒラタアブ。

201005s (46)b.JPG

脚をピンと後ろに伸ばして飛んでいる姿がいいですね?

一見ウデブトハエトリに見えますが、間違いないだろうか?

200529o (45)b.JPG

200529o (49)b.JPG

もう少し真剣に撮っておけばよかったと反省。
なんせ初見のクモなんで。
ウデブトハエトリの♂タイプだろう。 ハエトリグモ科 体長は4mm弱?ぐらい。

ガードレールにいたアオオビハエトリ・・・何かを捕らえていた。

200609o (37)b.JPG

現像をして解ったのだけれど、捕らえられていたのはアブラムシの仲間のようです。
この後、獲物を盗られまいと大事にそうに抱きかかえてガードレールの裏へ逃げ込んだ。

アオオビハエトリ ハエトリグモ科
コナラの葉裏で見つけた大型のクモ、カメラを近づけても微動だにしない?

200610o (14)b.JPG

多分ですが、脱皮直前だったのではないかなーと思われるのであります。
コアシダカグモ アシダカグモ科 体長は20mmぐらいだったか。
よく似ているアシダカグモよりかなり小さい為に見分けやすいと思います。

2021年4月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • お問い合わせ
総アクセス数
本日
本日アクセス
昨日
昨日アクセス
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちクモカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはクチキムシです。

次のカテゴリはクワガタです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


▼BLOG リンク

▼ホームページ リンク
▼お世話になっているサイト